オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

迫力に驚き!「長沢芦雪展」19日まで開催中★

2017年11月10日 18:30 | コメント(0)

こんにちは、R編集部員ですcancer


ぽかぽかいいお天気が続いておりましたが、明日また雨だそうですね~。

明日雨が降った後はぐっと寒くなるそうですので、みなさまご自愛くださいませ。


さて、芸術の秋ということで

現在開催中の「長沢芦雪展」に先日行ってまいりました。

r-171110_1.jpg

長沢芦雪は円山応挙の千人を超える弟子のひとりで、若くして師の画法を会得しさらに独創性発揮し、師の型を打ち破った唯一の存在。


その型破りな表現が見られるのが今回の「長沢芦雪展」なのです。

俳優の井浦新さんも芦雪好きだそうで、先日の内覧会にもいらっしゃってましたのですわよlovely

http://www.chunichi.co.jp/event/rosetsu/kiji-171006.html



ポスターやチラシに使われている芦雪の中でも最も有名な「虎」。

これは襖に描かれているのですが、その迫力たるや。


和歌山県の「無量寺」の本堂に龍と向かい合わせでそれぞれ襖4枚分に描かれています。

丁度正面に仏間があり、左に虎、右に龍という構図をそのまま再現して展示がしてあり、もうあまりの“にらみ”に圧倒・・・!

とても近くで見ることができ、細部まで深く鑑賞できます。


立体的な展示のメリットは“裏側”が見られるということ。

虎の裏には可愛い猫、龍の裏には子供たちが描かれているので必見です。


他にも細かい描写が美しい動物たちがたくさんいます。

これ大きい筆で30秒くらいでで描いたんじゃ・・・?と思うような超ダイナミックな人や滝の絵は、スゴイとしか言いようがありませんでした。


そして、みんな大好き芦雪のわんこ、いっぱいいますよ~(笑)

もともと丸山応挙に仔犬が多いことは有名ですが、芦雪もいっぱい。

もう、ふわっふわでかわいいったらないです。

r-171110_4.jpg
そして、虎と同じくよく出てくるこの子。

芦雪を知るきっかけになったのもこのわんこちゃんからなのですが、実際に見てびっくり!

なんと、おおおおきな牛の足元にちょこんとすわっていました。

見たことない方はとっても驚くと思います。


あまりのかわいさにグッズもゲットしてしまいました。

r-171110_3.jpg養生テープとマグネット。

なぜに養生テープと思ったけど、はがれにくいので重宝しそう。

まあ、もったいなくて使わないけどねbleah



今回の長沢芦雪展は巡回展は行わず愛知県美術館のみ

作品の入れ替えも4点だけで屏風や襖絵などの大作は全会期展示されます。


巡回展がないので、図録は県美または郵送販売でしか手に入りません!
 

r-171110_2.jpg

 

大規模な展覧会は2011年以来と、またとないない大チャンスなのです!


残り2週間、是非一度ご自身の目であの迫力を味わってください。

 


 

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る