オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

大根だしがゆ

 お正月も終わり、疲れ気味の胃腸におすすめなのが、おかゆ。だしマリネ®した大根を加えることで、ご飯の量をおさえ、食後もすっきり、体は芯からぽかぽか温まります。だしマリネ®した長ねぎもいい味を出してくれます。おかゆ自体は薄味で仕上げていますので、トッピングをするなどして味の変化を楽しんで下さいね。

大根だしがゆ

<1>鍋にご飯、大根、だし汁を入れて、弱火にかけ、10~15分ほど煮る。
<2>(1)の蓋をして、10分ほど蒸らしたら、塩を加え混ぜ、器に盛る。
<3>(2)に長ねぎ、ゆかり、お好みのトッピングをのせる。

材料(2人分)
大根(だしマリネだしマリネ®2・細かくカット)・・・1cm厚×3枚
ご飯・・・1膳分
だしマリネ®のだし汁・・・300ml
塩・・・少々
長ねぎ(だしマリネ®1・みじん切り)・・・5cm分
ゆかり・・・適量
トッピング(鮭フレーク、明太子、練り梅など)・・・お好みで

出汁揚げの白和え

 甘辛味の油揚げをしっかり水切りした豆腐に混ぜ合わせただけの簡単白和え。ただ混ぜ合わせただけなのに、ご飯が進む味わいです。すりごまは少し多めに加えるのがオススメです。香ばしさが増してより美味しくなります。

出汁揚げの白和え

<1>鍋にA、油揚げを入れて、中火にかけ、汁気がなくなるまで煮、粗熱をとる。
<2>ボウルに豆腐を入れて、ホイッパーで混ぜ、すりごまを加え混ぜたら、(1)を加え、和える。

材料(作りやすい分量)
油揚げ(だしマリネだしマリネ®2・1cm幅千切り)・・・1枚
絹ごし豆腐(水切りする)・・・1/2丁

だしマリネ®のだし汁・・・50ml
砂糖・みりん・醤油・・・各小さじ1
すりごま(白)・・・大さじ1/2

スタイルアップアイテム

写真

 最近、とても気に入っている永井商店の鰹節。ここは90年以上鰹節をつくり続けていて、ほかのものと明らかに違うのは原料。勝浦港で水揚げされた生鮮かつおや南房総でとれた生鮮鯖。そのまま食べても、おだしをとっても、すっきりした後味の中に甘味すら感じる味わいがたまりません。その永井商店の「海苔とかつおぶしと昆布」という漁師の朝ごはんの素に今とてもはまっています。千葉県産の海苔、房州産の鰹節と鹿児島県産の本枯れ節のミックス、北海道産真昆布、愛知県産あおさがたっぷり入り、素材本来の旨味がしっかり生かされています。これを醤油と混ぜてアツアツご飯にたっぷりのせて食べるのが地元では定番の漁師飯なのだそうです。我が家ではこれを卵かけごはんにして食べるのが大好きです。他にも、大根おろしにたっぷり混ぜ合わせたり、ペペロンチーノにごまとともに加えて、混ぜ合わせても最高に美味!うちで一度食べた方は皆、即大ファンになる一品です。620円。

 永井商店(TEL 04-70920057 )

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る