オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
月刊「KELLy」編集部が教える、とっておきグルメ情報

餃子酒場 板屋

[居酒屋/愛知県名古屋市北区]

自慢の餃子「板屋の餃子」(453円)は、店名「板屋」の文字入り。
自慢の餃子「板屋の餃子」(453円)は、店名「板屋」の文字入り。

3種のタレで変幻自在!?写真栄えする、焼印餃子

 JR中央線・地下鉄・名鉄瀬戸線「大曽根駅」から徒歩約7分のところにたたずむ、「餃子酒場 板屋」さん。気さくで優しい店主が切り盛りする、小ぢんまりと居心地のいい店です。こちらの餃子は、シンプルな焼きのみを提供するというこだわりが。国産豚を100%使用した、看板メニュー「板屋の餃子」は、「ニンニク」「ニラ」「ショウガ醤油」の中からタレを1つ選ぶことができ、自分好みの味で楽しむことができます。中に詰まっているのは、ジューシーな豚肉に甘みのあるたっぷりのキャベツ。外は、香ばしく焼きあがった餃子の羽根が、噛むたびパリパリッとした食感で、もうやみつき!また、「壺きゅうり」や「生姜トリュフワンタンスープ」など、おつまみメニューも用意しています。お店の外観は、どこか懐かしさを感じさせる雰囲気。中に入ると落ち着いた、くつろげるおしゃれな空間です。昭和の歌謡曲や、アップテンポの曲が流れ、女性だけでも気軽に入ることができます。店主の愛情こもった餃子とお酒を、ゆっくり楽しみたい夜に、いかがですか?(月刊『KELLy』編集部 赤塚楓)

漢字を一面にあしらった壁は、なんと店主の力作。
漢字を一面にあしらった壁は、なんと店主の力作。
今年の8月にオープンしたばかり。暖簾の「パリッパリッ」の文字が印象的だ。
今年の8月にオープンしたばかり。暖簾の「パリッパリッ」の文字が印象的だ。
DATA
TEL052-915-3190
住所名古屋市北区大曽根4-16-5
営業18:00~24:00(LOは23:30)
定休日火曜日
駐車場なし
喫煙
予算夜2500円

※本記事は2018年12月19日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。

ジャンルで探す

エリアで探す

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る