オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

おやき

 素朴なおいしさ。おなかにたまるので、軽い食事にもなります。

カジキのみそ漬け
a:野沢菜 ★1個144キロカロリー、脂質6.1グラム、塩分1.1グラム
b:ナスみそ★1個232キロカロリー、脂質11.3グラム、塩分1.4グラム
材料(4人分/12個分)
<A>
そば粉・・・150グラム
強力粉・・・120グラム
塩・・・少々
ベーキングパウダー・・・大さじ1
熱湯・・・1カップぐらい
<a:野沢菜>
野沢菜漬け・・・150グラム
長ネギ・・・1/3本
ゴマ油・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
いり白ゴマ・・・小さじ1
<b:ナスみそ>
ナス・・・3個
豚バラ薄切り肉・・・80グラム
油大さじ・・・2/3
みそ大さじ・・・1と1/2
砂糖大さじ・・・1/2
みりん・酒各大さじ・・・1
いり白ゴマ・・・少々
ナスの薄い輪切り・・・8枚
油・・・適量
アヒージョ

<1>生地を作る
 ボウルにAを入れて泡立て器で混ぜ、熱湯を加えて木べらで混ぜてひとまとめにする。なめらかになるまでよくこねて、ひとまとめにしてラップで包み、30分~1時間室温において寝かせる。

<2>aのアンを作る
 野沢菜漬けはサッと洗い、水気を絞って細かく切る。長ネギはみじんて、野沢菜漬けとネギを炒め、しょうゆで味をつけ、白ゴマを混ぜる。

<3>bのアンを作る
 ナスはヘタを取って1.5センチ角に、豚肉は1センチ幅に切る。フライパンに油を熱して豚肉を炒め、色が変わったらナスを入れて炒める。フタをして弱火で5分ほど蒸し煮にし、調味料を加え、水気を飛ばすように炒め合わせる。

<4>生地でアンを包む
 生地を棒状にのばして12等分に切る。これを直径7~8センチの円形に薄くのばし、中心にaのアン約40グラムをのせて包み込み、表面の中心に白ゴマを貼る。
 bのアンも同様に生地で包み、ナスの薄切りを貼りつける。

<5>焼く
 フライパンに油を熱し、(4)を白ゴマ、ナスを貼りつけた面を下にして並べ、中火で両面に焼き色をつけ、いったん取り出す。
 フライパンに油を足して熱し、おやきを並べ、中火で2分ほど焼き、フタをして弱火で5分焼く。裏に返して2~3分焼き、フタをして4~5分蒸し焼きにする。残りのおやきも同様に焼く。

わたしの台所

アヒージョ

 信州名物のおやき、好きな方も多いのでは? ソバの産地ならではの食べ物で、ソバ粉と小麦粉(強力粉)を混ぜた皮がひなびた味わいです。家庭でもわりと手軽に作れます。

 大きなボウルに粉類を混ぜ、熱湯を加えてこねます。生地がまとまり、表面がなめらかになるまでよくこねたら生地を寝かせます。 イーストを使うパンなどは発酵に時間がかかりますが、おやきはベーキングパウダーでよいので30分~1時間程度おけばOK。

 イーストを使うパンなどは発酵に時間がかかりますが、おやきはベーキングパウダーでよいので30分~1時間程度おけばOK。

 この生地をギョーザの皮のように薄く丸くのばしてアンを包みますが、おやきの生地は軟らかい!アンをのせたら、まわりの生地を中心に寄せるようにして包み込むとうまくいきます。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る