オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

だししそご飯のおむすび

 大葉の残りは、ともすると冷蔵庫の中でしわくちゃになっている・・・なんて経験があるかと思います。私は大葉が残ると塩漬けにしたり、だしマリネ®にしたりします。ご飯に混ぜ込んだり、お肉を巻いたり、味のいいアクセントになります。
大葉をだしマリネ®する時には水気をふいてから、粉末だしをまぶしましょう。
生姜のだしマリネ®もお醤油や香味油をプラスするだけで色々な料理アレンジに使えて便利ですよ!

だししそご飯のおむすび

<1>ボウルに温かいご飯、大葉、生姜、桜えび、ごま油、塩を入れて、さっくりと全体を混ぜ合わせる。
<2>(1)を握って、おむすびを作る。

材料(2人分)
大葉(昆布だしの粉末でだしマリネ®1・細かく切る)・・・6枚
生姜(削り節でだしマリネ®1・みじん切り)・・・1かけ
桜えび(乾燥)・・・適量
ご飯・・・茶碗2膳分
炒りごま(白)・・・適量
ごま油・・・小さじ2
塩・・・少々

海老のスープ

 台湾取材で訪れた嘉義という街で出会ったシンプルにして絶品の海老スープ。本場は塩のきいたお漬物を加えて、その塩味を生かしつつ、調味していますが、私をそれをだしに置きかえて、キャベツをだしマリネ®して作ってみました。半熟卵をつぶして食べるのですが、海老の風味と黄身のミルキーな味わいの合わせが想像以上の美味しさです。海老のだしマリネ®は殻のまま身だけ取り出して、保存し、使う時に殻をむきます。冷蔵庫で3日程で使い切りましょう。

柿と大根のなます風

<1>鍋にだしマリネ®のだし汁を入れて中火にかけ、フツフツ沸いてきたら、キャベツ、海老を入れる。
<2>ひと煮立ちしたら、醤油、塩、胡椒で味を調える。
<3>(2)に卵を落として、蓋をし、1~2分煮て、火を止める。

材料(2人分)
海老(洗って殻のままだしマリネ®2・殻を剥いて粗く切る。)・・・4匹
キャベツ(だしマリネ®1、細かく切る)・・・適量
だしマリネ®のだし汁・・・400ml
醤油、塩、胡椒・・・各少々
卵・・・2個

スタイルアップアイテム

写真

 海苔は大好きで、美味しいという噂を聞けば色々試してきましたが、この味付海苔は、その美味しさの予想をかなり大きく上回って、おかずがなくともこれだけでご飯が何杯も食べられてしまうほどです。気がつくと、ご飯のお供だけでなく、口寂しくなると、1枚2枚とポリポリ、食べています!この味付け海苔が海苔の美味しさをしっかり目覚めさせてくれたと言っても過言ではないほど気に入ってしまいました。これは熊本の浦山海苔のもので、のりも貴重な一番摘みのもの。塩は粟国の塩を使用し、直線的な塩味でなく、まろやかな塩味で、海苔の豊かな風味を引き立てています。味わいのバリエーションは他に、梅、青のりがありますが、この塩の味付け海苔が私的には一番オススメ!量も海苔の全型10枚分が8枚切になって、80枚も入っているので、しっかり堪能できます。このボリュームで650円(※送料別)というのも嬉しいです。
浦山海苔096-329-8936

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る