オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
月刊「KELLy」編集部が教える、とっておきグルメ情報

うなぎ家 しば福や

[鰻料理/愛知県名古屋市西区]

「まぶしば丼」(2970円)はボリューム満点で、たくさん食べたい女子も大満足。
「まぶしば丼」(2970円)はボリューム満点で、たくさん食べたい女子も大満足。

名店直伝の技術が光る、絶品うなぎに食通も納得!

 「名古屋駅」の東側に位置し、おしゃれな飲食店も多い「四間道」にひっそりとたたずむ「うなぎ家 しば福や」さん。養殖家・うなぎ専門店の実家で生まれ育ち、名古屋を代表する老舗「うな富士」で15年間修行した店主が、今年5月にオープンしました。開店から間もないながら、長年培った熟練の味がうなぎ好きの間で早くも話題です。おすすめは、ひつまぶしとうなぎ丼が同時に楽しめる「まぶしば丼」。魚沼産コシヒカリと、富山県産の黒部米をブレンドしたご飯の上に盛られる、肉厚なうなぎがたまりません。絶妙な火入れは、師である「うな富士」に倣い、表面はカリッ、身はふっくらと仕上げました。食欲をそそるタレは、軽やかで深みのある味わいを独自に開発。お吸い物の中に入っている、「福」の焼印がついた、可愛らしい湯葉にも注目です。古民家をリノベーションした店内は、木のぬくもりが感じられる和モダンな雰囲気。近くには「円頓寺商店街」もあるので、食後はゆったりとノスタルジックな街並みを散歩するのもいいですね。(月刊『KELLy』編集部 赤塚楓)

外から光が差し込む、明るく落ち着いた雰囲気で、若い人でも入りやすい。
外から光が差し込む、明るく落ち着いた雰囲気で、若い人でも入りやすい。
地下鉄「国際センター駅」から徒歩8分で到着する、風情漂う外観と白い暖簾が目印。
地下鉄「国際センター駅」から徒歩8分で到着する、風情漂う外観と白い暖簾が目印。
DATA
TEL052-756-4829
住所愛知県名古屋市西区那古野1-23-10
営業11:30~14:30(LOは14:00) 17:30~20:30(LOは20:00)
定休日火曜、第2・4水曜定休
駐車場なし
喫煙不可
予算昼4000円 夜5000円

※本記事は2018年10月17日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。

ジャンルで探す

エリアで探す

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る