オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

皿うどん

 野菜不足も一気に解消。家庭でもおいしく作れます!

皿うどん
★1人分685キロカロリー、脂質36.4グラム、塩分3.6グラム
材料(4人分)
皿うどん用の揚げ麺・・・4人分
豚バラ薄切り肉・・・150グラム
むきエビ・・・150グラム
キクラゲ(乾燥)・・・10グラム
玉ネギ・・・小1個
ニンジン・・・1/2本
ヤングコーン・・・6本
キャベツ・・・200グラム
モヤシ・・・1袋
油・・・大さじ3
酒大さじ・・・2
水・・・3カップ
中華鶏がらスープの素(もと)(顆(か)粒)・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ1と2/3
コショウ・・・少々
片栗粉・・・大さじ4と1/2
水・・・1/2カップ
ゴマ油・・・大さじ1/2
皿うどん

<1>肉、エビの下処理をする
 豚肉は3センチ長さに切る。エビは背ワタのあるものは取り、水で洗って水気をふく。

<2>キクラゲをもどす
 キクラゲはたっぷりの水に30分浸してもどし、石づきを切り、大きければ1センチ幅に切る。

<3>野菜を切る
 玉ネギは縦5ミリ幅に。ニンジンは皮をむいて縦1センチ幅に切り、2~3ミリ厚さの短冊切りにする。ヤングコーンは2等分の斜め切りに。キャベツは3センチ四方に。モヤシは洗って水気をきる。

<4>水溶き片栗粉を作る
 片栗粉と水を混ぜ合わせる。

<5>キャベツ、モヤシを炒める
 中華鍋に油大さじ2を熱してキャベツをサッと炒め、モヤシを加えてサッと炒めて取り出す。

<6>アンを作る
 中華鍋に油大さじ1を足して、豚肉をほぐすようにして炒め、色が変わったら、キクラゲ、玉ネギ、ニンジン、ヤングコーンを加えて炒める。酒をふり、水とスープの素 を加え、煮立ってきたら、砂糖、塩、コショウで調味する。
 エビを加えて一煮し、エビの色が変わったら、(5)の野菜を戻し入れる。煮立ってきたら、(4)を加えてとろみをつけ、ゴマ油をふる。

<7>麺にアンをかける
 皿に揚げ麺を盛り、(6)のアンをかける。

わたしの台所

栗ごはん

 ご存じのように皿うどんは長崎の郷土料理です。ファンが多いので、今は全国のスーパーマーケットで、皿うどん用の揚げ麺が売られています。

 袋から出して皿にのせ、両手でちょっとほぐして、アツアツのアンをかけるだけの気軽さです。

 「チャンポンとどう違うの?」と疑問が湧くのも当然で、麺の太さこそ違いますが(皿うどんの麺は細め)、アンは具も味つけも実はほとんど同じ。ただ「とろみがあるかないか」の大きな差が。

 豚肉をベースに、エビなどの魚介と野菜の旨(うま)みが出たアンに、片栗粉でとろみをしっかりつける。このとろみのおかげで冷めにくく、硬い麺がほどよくほぐれて、皿うどんの美味が生まれるのです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です