オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

だしチキンミートボール

 ミートボールに、だしの粉末を混ぜ合わせるひと手間を加えると、味の仕上がりが大きく違ってきますよ!今回は野菜だしの粉末を混ぜ合わせていますが、椎茸だしや鰹昆布だしなど、お好みのものでもOK!肉とだしのかけ合わせで色々な味わいを楽しんでみて下さい。多めに作って冷凍しておくと、お弁当のおかずに欲しい分だけ調理できるので便利です。今回ご紹介するお料理では肉ダネをゆでていますが、もちろん揚げても美味しいです。

だしチキンミートボール

<1>ボウルに肉、卵を加えてよく混ぜ合わせる。
<2>豆腐、長ねぎ、片栗粉、酒を加えて、更によく混ぜ合わせる。
<3>鍋に湯を沸かし、スプーン2本で肉を丸く成形して落として、茹で、ザルにあげ、水気を切る。
<4>甘酢あんをつくる。鍋にAを入れて火にかけ、煮立ってきたら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をたらし、混ぜ合わせる。
<5>(4)に(3)を加えて全体に絡める。

材料(作りやすい分量)
鶏ひき肉(野菜だしの粉末大さじ1/2を揉み込む、だしマリネ®1)・・・200g
長ねぎ(みじん切り)・・・1/4本
豆腐(水気を切る)・・・1/4丁
生姜(すりおろし)・・・少々
卵・・・1個
酒・・・大さじ1
片栗粉・・・大さじ1

醤油・・・大さじ1/2
砂糖、酢・・・各大さじ2
トマトケチャップ・・・大さじ2
塩・・・少々
湯・・・200ml
水溶き片栗粉・・・適量

かぼちゃのひじき煮

 ひじきをだしで戻すことで、乾物の独特な臭みがなくなり、そのまま煮物や和え物にも使えて便利です。中途半端に余った野菜にも、乾物をだし汁につけたものを加えて甘辛く煮付けるだけで、立派な1品ができます。今回はかぼちゃと蓮根とのお料理をご紹介しますが、にんじんやさつまいも、ピーマンやごぼうでも美味しくできますよ。余った野菜を上手に美味しくアレンジしてみて下さい。

かぼちゃのひじき煮

<1>鍋にひじき、Aを入れて、5分程煮る。
<2>(1)にかぼちゃ、れんこんを加えて、ときどきかえしながら10分ほど煮る。

材料(2人分)
かぼちゃ(だしマリネ®2、1.5cm厚に切る)・・・1/8個
ひじき(だしマリネ®2)・・・大さじ1
蓮根(だしマリネ®2、薄切り)・・・小1/2本

だしマリネ®のだし汁・・・50ml
醤油、みりん、砂糖・・・各大さじ1

スタイルアップアイテム

写真

 福岡県にある窯元「早川窯元」さんの小石原焼きのすり鉢片口が大のお気に入り。定番の飛び鉋(かんな)柄の大鉢と片口が一緒になっていて、それだけでも片口好きの私にしてみたら相当のツボで、加えてすり鉢ときたら、もうたまらない!これを見つけた時には思わず抱きしめてしまいました(笑)。胡麻和えや白和えなどはこの中で完成させてそのままテーブルに出すことができ、テーブル映えもしてくれます。今年の夏は、冷や汁をこのすり鉢でよく作りましたが、汁ものもこぼれず器にきれいに注ぐことができてすごく便利です。デザイン的にもこのトラディショナルなこの雰囲気もたまらなく好きで、他の食器との合わせをあまり考えなくてもきれい馴染んでくれるので、マイリピートシリーズ大殿堂入りの一つに間違いなく入ります。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です