オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

カボチャのプディング

 男の人も必ずおかわりしてくれる、自家製プリン。今時分のカボチャはほっくりとしてつぶしやすく、作りやすいのです。

ゴーヤーチャンプル
★総量1327キロカロリー、脂質53.6グラム、塩分0.8グラム
材料(直径18センチのリング型1台分=約4カップ)
カボチャ・・・1/4個=約400グラム(正味300グラム)
砂糖・・・60グラム
シナモンパウダー・・・小さじ1/2
卵・・・2個
牛乳・・・2/3カップ
生クリーム・・・1/3カップ
ラム酒・・・大さじ1~2
<キャラメルソース>
グラニュー糖・・・40グラム
水・・・大さじ1
熱湯・・・大さじ1~2
ゴーヤーチャンプル

<1>型にバターを塗る
 リング型の内側にバター(材料外)を薄く塗る。

<2>キャラメルソースを作る
 小鍋にグラニュー糖、水を入れて混ぜ、中火にかける。煮立って泡立ってきたら火をやや弱め、濃いめのきつね色になったら、熱湯を注いで鍋をゆする。全体が混ざったら少し煮詰めて、(1)に流し入れ、そのまま冷ます。

<3>カボチャを蒸す
 カボチャは種を取って2センチ厚さに切り、皮を取る。湯気の立った蒸し器に入れ、軟らかくなるまで強火で15分ほど蒸す。裏ごし器にかけて、なめらかに裏ごす。

<4>プディングの生地を作る
 (3)をボウルに入れ、砂糖、シナモンパウダーを加えて泡立て器で混ぜる。卵を1個ずつ加え、そのつどよく混ぜる。
 牛乳、生クリーム、ラム酒を加えて混ぜ、万能こし器でこす。

<5>蒸し焼きにする
 キャラメルソースをしいたリング型に(4)を流し入れる。型をバットにのせて、オーブンの天板にのせる。160度に予熱したオーブンに天板ごと入れて、バットに熱湯を注ぎ、40分ほど蒸し焼きにする。

<6>冷やす
 (5)をオーブンから出したら、そのまま置いて冷まし、さらに冷蔵庫で2~3時間冷やす。

<7>型から出す
 大きなボウルに湯を張り、(6)の型の底部分を湯にあてて、キャラメルソースを溶かす。皿を上にかぶせ、裏に返して型から出す。

わたしの台所

ゴーヤーチャンプル

 大きなカボチャを食べきるのは、意外に大変。甘く煮るのもおいしいですが、たまには目先の変わった食べ方をしたいものです。

 今回紹介のプディングは、デザートですが、ビタミン豊富なカボチャをたっぷり食べられる点が魅力。自家製のプディングはなめらかでコクがあって、本当に美味。ぜひ作っていただきたいです。

 カボチャは皮をむきますが、このとき、まずは2センチほどの厚さのクシ形に切ります。そして切り口を下にして、まな板に置き、包丁を縦に入れて皮をそぎ落とすようにして切るのがコツ。こうすると安定がよく、危険がありません。それにふかしてから皮をとるよりも、断然ラクなのです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る