オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

豚とじゃがいもの炒めみそ煮

 だしの風味が効いたじゃがいもなので、肉や魚と一緒にサッと調理するだけで簡単に1品出来上がります。だしごまみその合わせ調味料はだしの量を増やして、煮物に使っても美味しいですよ。すりごまは“半ずり”ぐらいの方が香りもたつのでオススメです。

豚とじゃがいもの炒めみそ煮

<1>小さなボウルにAを混ぜ合わせておく。
<2>フライパンにごま油をひき、中火にかけ、豚肉を入れて炒める。
<3>(2)にじゃがいもを加えて炒め合わせ、Aを加え、全体に混ぜ合わせ、更に炒める。

材料(2人分)
じゃがいも(だしマリネ®2・拍子切り)・・・2個
豚こま肉(だしマリネ®1・食べやすい大きさに切る)・・・150g
ごま油・・・大さじ1

だしマリネ®のだし汁・・・大さじ2
みそ・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
すりごま・・・小さじ1

オクラのあんかけ豆腐

 オクラのだしマリネ®は麺や冷や奴など何にでもちょっとかけて美味しくなり、見栄えもいいのでストックしておきたいもの。今回のようにだし汁とともにあんかけにしてしまうと一気に手をかけたような料理に仕上がります。調味に使う塩をだしの味わいによっても違うので、必ず味見をして、味がしまらないようであれば、お好みで加えて下さい。梅やしらすなど塩気のあるものを加えてもいいですよ。

オクラのあんかけ豆腐

<1>耐熱容器に豆腐を入れて、電子レンジ600W2分、加熱しておく。
<2>鍋にだし汁を入れて、中火にかけ、フツフツしてきたら、オクラを加え、醤油を加え混ぜて味を見て、物足りないようであれば塩で調味する。
<3>(2)に水溶き片栗粉を加え混ぜ、とろみをつける。
<4>器に(1)をのせ、(3)をたっぷりかける。

材料(2人分)
オクラ(がくをとって、塩ゆでし、だしマリネ®2・5mmの輪切り)・・・2本
絹ごし豆腐(水気を切って1/2に切る)・・・1丁
水溶き片栗粉・・・適量

だしマリネ®のだし汁・・・200ml
醤油・・・小さじ1
塩・・・少々

スタイルアップアイテム

写真

 保存容器は使い勝手のいいものをいつも探している私ですが、中でもちょっと余ってしまったものや小さくコンパクトに入れておきたいと思った時に使えるサイズのものってなかなかないんです。これは無印良品で見かけて、即買いした保存容器にもなるお弁当箱。この一番小さい角型がお気に入り!レンジ加熱もできるので、おかずの残りを温め直して使ったり、お弁当のおかずはあらかじめこれに詰めて入れておいて、翌朝は冷蔵庫から出し、あったかごはんとともにパッキングして、食べる時にレンジ加熱してもらう、というのもいいですね。スタッキングもコンパクトにできるのも嬉しいです。丸型の蓋がスクリュータイプのものもあるのですが汁物なんかはこちらがいいかもです。カラーもホワイトとブラックの2色、モノトーンで組み合わせも素敵です。サイズは角型が6パターン、丸型が3パターン。是非、チェックしてみて下さい!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です