オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

枝豆すりながし

 豆をだしに浸したものは夏の激ウマ常備菜。だし汁と一緒にスープしたり、とろみをつけて、冷や奴や揚げ野菜にかけたりして楽しんでいます。この時期、浸し豆のようにたくさん作って、冷やしておくと、あまりの美味しさについついつまんで、あっという間になくなってしまう人気のつくりおきです。

枝豆すりながし

<1>枝豆をする。
<2>鍋にAを入れて、沸かし、水溶き片栗粉でとろみをつける。
<3>(2)に(1)を加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしたら、器に盛る。

材料(2人分)
枝豆(茹でてさやから出し、だしマリネ®2

だしマリネ®のだし汁・・・400ml
酒・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1/2
塩・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

だし鶏の冷麺

 素麺におそば、夏の冷麺に使える、だし鶏。鶏のうま味もプラスされただし汁なので、そのままでもコク旨!塩を加えるだけでも美味しいスープになりますが、麺類と合わせるならば、醤油を少し加える方がすっきり後味でオススメです。

だし鶏の冷麺

<1>だしマリネ®した鶏肉をそぎ切りする。
<2>鍋にAを入れて、火にかけ、粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす。
<3>別の鍋に湯を沸かして、そばをゆで、冷水にとって、水を切っておく。
<4>器に(3)を盛り、(2)をかけ、ねぎ、おろし生姜、柚子胡椒を盛る。

材料(2人分)
鶏もも肉(だしマリネ®2)・・・200g

だしマリネ®のだし汁・・・300ml
醤油・・・少々
そば・・・2玉
小ねぎ(小口切り)・・・適量
おろし生姜・・・適量
柚子胡椒・・・お好みで

スタイルアップアイテム

写真

 塩は国産でも産地や生産方法によって、違った味わいになるので、仕事や旅行で出かけると、その土地のスーパーに立寄り、調味料クルージングをするのが楽しみの一つです。この塩は五島列島に取材で行った時に、出会ったおむすび専用塩の「塩結」。五島列島・上五島で三代続く『矢堅目の塩本舗』のもので、ここの塩は五島近海の澄んだ自然海水を汲み上げ、手間をかけてじっくり平釜直火炊きされ、海本来の塩っぱさが味わえるんです。といっても、辛味を抑えたまろやかな味わいで、素材のうま味を引き出し、ぱらっとひとふりするだけで何でも美味しくなります。その塩の粒違いや種類違いをおむすび専用にブレンドした塩でおむすびを作ると本当に美味!!塩だけでこんなにもご飯が美味しくなるのかと驚くほどです。少量をまぶしつけるだけでできる絶品おむすび、機会があったら食べてもらいたいなあ!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です