オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

魚介のパエリア

 思ったより簡単!見た目も豪華で、人が来るときに最適です。

和風カレースープ
★1人分429キロカロリー、脂質3.4グラム、塩分1.9グラム
材料(4~5人分)
米・・・2カップ
玉ネギ・・・1/2個
ニンニク・・・小1かけ
マッシュルーム・・・100グラム
サヤインゲン・・・100グラム
エビ(殻つき)・・・10尾
ヤリイカ・・・小1ぱい
アサリ(殻つき)・・・300グラム
水・・・2カップ
サフラン・・・小さじ1/2
塩・・・小さじ1
コショウ・・・少々
オリーブ油・・・大さじ4
白ワイン・・・大さじ3
*好みでレモンを搾っていただく
和風カレースープ

<1>米を洗う
 米は洗ってザルに上げておく。

<2>野菜を切る
 玉ネギ、ニンニクはみじんに切る。マッシュルームは縦4等分、インゲンは3センチの長さに切る。

<3>エビ、イカの下処理をする
 エビは背ワタを取り、洗って水気を拭き取る。ヤリイカはワタを抜いて洗い、水気を拭いて、胴は1.5センチ幅の輪切りにする。足は食べやすく切る。

<4>アサリを蒸し煮にする
 鍋にアサリと水を入れ、ふたをして中火にかける。煮立って、アサリの口が開いたら、サフラン、塩、コショウを加える。

<5>具材を炒める
 パエリア鍋(またはフライパン)にオリーブ油大さじ1を熱して、エビ、イカ、インゲンを入れて中火でサッと炒め、いったん取り出す。
 鍋に残りのオリーブ油大さじ3をひいて、玉ネギ、ニンニクを炒める。しんなりするまで炒めたらマッシュルームを加え、しんなりするまで炒める。

<6>米、スープを加えて煮る
 (5)に米を加えて炒め、米が透き通ってきたら白ワインをふる。(4)のアサリをスープごと加えて混ぜ、エビ、イカ、インゲンを散らす。
 ふたをして中火で10分ほど煮、火を少し弱めてさらに10分ほど煮て火を止める。
*ふたのないフライパンを使う場合は、アルミ箔(はく)で覆えばOK

わたしの台所

和風カレースープ

 パエリアの特徴は、洗った生米を炒めてから、水分を加えて炊くこと。まずはオリーブ油で米をコーティングするのが、おいしさの秘訣(ひけつ)です。

 炊くときの水分は、米と同量。今回はアサリの蒸し汁を使いましたが、鶏がらなどのスープで炊くときも同じ。中身を木べらで寄せないと見えない程度の水分量で、「これで炊ける?」と不安になるかもしれませんが、これ以上だとご飯が軟らかくなりすぎます。

 魚介はぜひ、だしの出る殻つきで。やはり味の出るキノコ類も必須です。最初に具をワインやビールのつまみに楽しんで、それから具材のうまみをたっぷり吸ったご飯をいただく・・・。一品で満足できる、うれしいごちそうです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る