オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

カジキのみそ漬け

 家庭で簡単に作れる、魚のみそ漬けを紹介します。みそは使い捨てですが、ラップを使えば、必要最小限のみそですむので気楽。味がしっかり入るので、お弁当のおかずにもおいしいです。

カジキのみそ漬け
★1人分233キロカロリー、脂質11.6グラム、塩分1.0グラム
材料(4人分)
メカジキ(切り身)・・・4切れ(100グラム×4)
<漬けみそ>
みそ・・・80グラム
酒・・・大さじ1
おろしショウガ・・・大さじ2/3
ゴマ油・・・大さじ2/3
コショウ・・・少々
カボチャ・・・120グラム
シシトウ・・・12本
油・・・大さじ1/2
カジキのみそ漬け

<1>漬け込み用のみそをつくる
 ボウルにみそを入れ、酒、おろしショウガ、ゴマ油、コショウを加えてよく混ぜ合わせる。

<2>魚をみそに漬ける
 メカジキを1、2切れずつ、(1)のみそに漬ける。
 ラップを広げて、みその1/8量(2切れならば1/4量)を魚の大きさぐらいにヘラで塗り広げる。この上にメカジキ1切れをのせ、魚の上にもみそをうっすらと塗り、ラップで包む。
 残りのメカジキも同様にみそを塗ってラップで包み、バットに入れて冷蔵庫に一晩おく。
 時間のないときでも、最低2時間はみそに漬けてから焼きたい。

<3>焼く準備をする
 (2)のメカジキのみそを手で取り除く。
 カボチャは皮のまま洗い、種を取り、1センチ幅に切ってから長さを2~3等分に切って、油をからめる。

<4>野菜を焼く
 ガス台のグリルにカボチャ、シシトウを入れて中火で焼く。シシトウは焼き目がついたら途中で取り出し、カボチャは8分ほど焼いて軟らかく火を通す。

<5>メカジキを焼く
 ガス台のグリルにメカジキを並べ、中火で8~10分焼く。器に盛り、カボチャとシシトウを添える。

わたしの台所

カジキのみそ漬け

 ショウガやゴマ油の香りをアクセントにした、自家製のみそ漬け。4人分で80グラムのみそでできるし、冷蔵庫に入れておき、あとは焼くだけの手軽さ。覚えておくと便利です。

 今回はメカジキを使いましたが、生サケやサバの切り身などで作っても。私は豚肉や鶏肉も同じ方法でみそ漬けにして食べます。こんがり焼くだけで、白いご飯の格好のおかずです。

 保存は冷凍庫で。みそ漬けを冷蔵庫に入れっぱなしだと、どんどん味が入って、しょっぱくなってしまいます。その点、みそを塗ってラップで包んだ状態で冷凍しておけば味が保たれ、ほどよいおいしさのみそ漬けを好きなときに楽しめるわけなのです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る