オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
伊勢醤油で神ごはん
八代恵美子の伊勢醤油で神ごはん

伊勢醤油とは、毎年伊勢神宮に奉納され、神様も召し上がっている縁起のいい醤油で、これを使えば時短&美味しい減塩料理ができ、ひいては長寿にもつながります。おかげ参りで栄えた江戸時代のおもてなしに使われた醤油を再現したこの醤油は通常の醤油の塩分と同じでありながら、再仕込みによる濃厚な旨味のお陰で、使用量はほぼ半分で美味しくなり、結果ぐっと塩分を控えることができ、料理の仕上がりもつやっとフォトジェニックになるという、まさに神醤油です。

鶏レバーの山椒ワイン煮

 伊勢醤油のまろやかで、煮つめても塩辛くならない特徴は、佃煮や煮物にもってこい!レバーの臭みが一切なく、優しいはちみつの甘味に、今が旬の実山椒をアクセントに加えた大人の味わいのレバー煮。食べだしたら止まらなくなる、あと引く美味しさです。

鶏レバーの山椒ワイン煮

<1>鶏レバーを下処理する。レバーは一口大に、ハツは半分に切り、血をきれいに取り除き、ボウルに水をはって、15分ほど置く。その後、熱湯で10秒ほどサッとゆでて、ザルにあげ、水で軽く洗って水気をきる。
<2>ボウルにAを混ぜ合わせておく。
<3>鍋に(1)を入れ、(2)と生姜を入れ、中火にかける。
<4>20~30分程、様子を見ながら、煮汁が少なくなるまで煮ていく。

材料(4人分)
鶏レバー・・・300g
生姜(千切り)・・・1片

伊勢醤油・・・大さじ1
はちみつ・・・大さじ1
赤ワイン・・・200ml
実山椒(下ごしらえ済)・・・大さじ1

こんにゃくガーリックステーキ

 味馴染みがよく、焼き付けた香ばしさがたまらない伊勢醤油は魚や肉を焼いて、ひとたらしするだけでも絶品ソースに仕上がります。こんにゃくのような味がなかなか絡みづらい素材でステーキにすると、その違いがよくわかります!辛味はわさびや辛子など、お好きなものに変えて楽しんで下さい。

こんにゃくガーリックステーキ

<1>こんにゃくを塩(分量外)で揉む。鍋で湯を沸かし、こんにゃくを入れて2~3分茹で、ザルにあげ、水気をきる。冷めたら、両面に格子状に切り込みを入れ、サイコロ型に切っておく。ボウルにAを混ぜ合わせておく。
<2>フライパンにバターを入れて、火にかけ、溶けてきたらにんにくを入れて炒め、香りが立ってきたら、こんにゃくを入れて両面に薄く焦げ目がつくぐらいまで焼く。
<3>(2)に(1)を加え、全体に絡めたら、器に盛り、ねぎを散らし、柚子胡椒を添える。

材料(2人分)
こんにゃく・・・1丁
にんにく(スライス)・・・1かけ
青ネギ(小口切り)・・・1/4本
バター・・・大さじ1

醤油・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
柚子胡椒・・・適量

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子

数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

伊勢醤油で神ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です