オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
伊勢醤油で神ごはん
八代恵美子の伊勢醤油で神ごはん

伊勢醤油とは、毎年伊勢神宮に奉納され、神様も召し上がっている縁起のいい醤油で、これを使えば時短&美味しい減塩料理ができ、ひいては長寿にもつながります。おかげ参りで栄えた江戸時代のおもてなしに使われた醤油を再現したこの醤油は通常の醤油の塩分と同じでありながら、再仕込みによる濃厚な旨味のお陰で、使用量はほぼ半分で美味しくなり、結果ぐっと塩分を控えることができ、料理の仕上がりもつやっとフォトジェニックになるという、まさに神醤油です。

ほろっとスペアリブ

 ルクルーゼやストーブなどの鋳物鍋、持っているけれど、旨く活用できてない方やもうすっかりおくの方にしまい込んでしまっている・・・という方が意外と多いんです。これだけ熱伝導がよく、保温効果が高い鍋なのでもっと活用できないかとずーっとあれこれ試してきた結果、あらかじめ温めた電子レンジやオーブンレンジに温めた鍋を入れてほったらかしにしておくことで保温調理鍋と同じように調理ができることを発見!長時間、鍋につきっきりにならないとできない料理も失敗なく、美味しくできちゃいます。その調理法に伊勢醤油を使うことで、通常の醤油の半分の量で、煮物も良い色がつき、味馴染みもよく、味わいもまろやかな旨味で美味しい減塩料理ができちゃいます。

ほろっとスペアリブ

<1>豚肉に包丁やフォークで数カ所差す。オーブンレンジを160度に余熱する。
<2>鍋に(1)とにんにく、水、酒を入れて、中火にかける。
<3>(2)が沸騰してきたら、アクをとり、火を弱め、Aを加え、落としぶたをして、更に蓋をして、中弱火で15分ほど煮る。
<4>(1)のオーブンに(3)を入れて、そのままほったらかしにする。20分以上おく。
<5>(4)を取り出し、肉全体に煮汁を絡める。

材料(2人分)
豚のスペアリブ・・・300g
にんにく・・・2かけ
水・・・300ml
酒・・・50ml
 
伊勢醤油・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1/2

新じゃがいものバター醤油

 醤油とのコンビネーションのなかでベスト3に入るバター。ほんの少量でもしっかり味が素材に絡み、素材の旨味か甘味を感じつつ、美味しく食べられる料理は色々応用がききます。和食の下ごしらえ、醤油洗いの方法で、ゆでた葉物に伊勢醤油を少量まぶすだけでぐっと美味しくなります。

新じゃがいものバター醤油

<1>シリコン容器に新じゃがいもを入れて、600wで3分ほど加熱する。
<2>(1)にバターを加えて絡め、更に醤油を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。
<3>お好みでドライハーブや青のり等をふりかける。

材料(2人分)
新じゃがいも(洗って水気をきっておく)・・・8個
バター・・・小さじ1
伊勢醤油・・・小さじ1/2
青のりやドライパセリ・・・お好みで適宜

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子

数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

伊勢醤油で神ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る