オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

豚かたまり肉のロースト

 かたまり肉を料理してみませんか。ふたのピッチリできる鍋で、弱火で蒸し焼きにすると、肉がしっとりと軟らかくておいしい!

豚かたまり肉のロースト
★1人分500キロカロリー、脂質37.3グラム、塩分1.7グラム
材料(4人分)
豚肩ロース肉かたまり・・・600~700グラム
塩・・・小さじ1
コショウ・・・少々
ニンニクの薄切り・・・1かけ分
ショウガの薄切り・・・1/2かけ分
ローズマリー・・・2枝
白ワイン・・・大さじ2
オリーブ油・・・大さじ2
ニンジン・・・小2本
カブ・・・小3個
生のハーブ(イタリアンパセリ、ローズマリーなど)・・・適宜
粒マスタード・・・適宜
豚かたまり肉のロースト

<1>肉を室温にもどす
 豚肉は室温にもどし、塩、コショウする。

<2>肉をマリネする
 ボウルに(1)の豚肉を入れ、Aの材料を加えてまぶしつける。そのまま冷暗所におくか、冷蔵庫に入れて、2時間ほどマリネする(味をなじませる)。

<3>野菜を切る
 ニンジンは皮をむいて長さを半分に切り、縦半分に切る。カブは茎を4センチほど残し、皮つきのまま洗い、縦半分に切る。

<4>肉を焼く
 ふたつきの厚手鍋(またはフライパン)に(2)の豚肉を入れて、強めの中火で表面を焼きつける。まわりにニンジン、カブを並べ入れてふたをし、弱火にかける。
 ときどき肉の上下を返しながら弱火で蒸し焼きにし、ニンジン、カブは軟らかくなったら途中で取り出し、軽く塩をふる。

<5>蒸し焼きにする
 肉はトータルで50分ほど蒸し焼きにする。金串を刺してみて、透明な汁が出れば、中まで火が通っている。火を止めてからもふたをして、そのまま20~30分おく。

<6>盛り付ける
 豚肉を1センチ厚さに切り、器に盛る。ニンジン、カブをつけ合わせて、あれば生のハーブを添える。粒マスタードをつけて食べてもおいしい。

わたしの台所

わたしの台所

 古くからフランスで愛用されてきた鋳物製の鍋。日本でも人気が高く、数年前から名古屋のメーカーが、国産の鋳物鍋の製造を開始。ますます市民権を得てきました。

 熱伝導に優れ、ふたをすると密閉度が高く、鍋の中全体に熱がまわります。オーブンに入れたときのような状態になるため、かたまり肉の中のほうまで、ふっくらと火を通すことができるのです。また、水をあまり加えなくても、野菜を自分の水分で蒸し焼きにできるので、おいしい上に栄養を逃さない利点もあります。

 これはピッチリとふたのできるフライパンでも同じこと。ふたをして弱火で蒸し焼きにする料理をぜひ味わってみてください。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る