オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

串カツ

 甘くて柔らかい新玉ネギを、薄切り肉で巻いて揚げます。春らしい、軽やかなおいしさです。

串カツ
★1人分580キロカロリー、脂質42.5グラム、塩分0.8グラム
材料(4人分)
新玉ネギ 大2個
豚ロースしゃぶしゃぶ肉・・・24枚
塩、コショウ・・・各少々
小麦粉、溶き卵、パン粉・・・各適量
揚げ油・・・適量
キャベツのせん切り・・・200グラム
レモン、練り辛子(がらし)、中濃ソース・・・各適宜
串カツ

<1>下ごしらえをする
 玉ネギは縦半分に切り、さらに6等分のクシ形に切る。豚肉は広げて、両面に軽く塩、コショウをふる。

<2>玉ネギを豚肉で巻く
 豚肉1枚の端に、玉ネギ1切れをのせて巻く。これを竹串に三つずつ、少し間隔を空けて刺す。串刺しはまな板の上で行うと、具材の真ん中に串を通しやすい。

<3>衣をつける
 小麦粉、よく溶きほぐした卵、パン粉をそれぞれバットに入れて(2)に衣をつけていく。
 まず小麦粉のバットに入れる。最初は粉を多めにまぶし、手ではたくようにして余分を落とすと、うっすらと均一につけることができる。小麦粉が厚すぎると、衣がとれやすいので注意。
 次に溶き卵のバットに入れる。指先やハケを使って、すみずみまでよくつけることが大事。最後にパン粉のバットに入れ、手で押さえるようにしてしっかりつける。

<4>揚げる
 フライパンに深さの半分まで油を入れて、やや高めの中温に熱し、(3)を3本ほど入れる。色づいてきたら裏に返し、火加減を中温ほどに下げて、3分ほどかけて色よくカリッと揚げる。引き上げて網に取り出す。
 揚げ油のパン粉のカスをすくって油をきれいにし、残りも同じように揚げる。

<5>盛りつける
 器に串カツを盛り、キャベツのせん切りを添える。好みでレモンを搾りかけたり、ソースや練り辛子をつけていただく。

串カツ

わたしの台所

 一年中出まわっている茶色い皮の玉ネギは、収穫後に貯蔵し、乾燥させてから出荷されるもの。一方、春や秋に出まわる新玉ネギは、貯蔵期間をとらずにすぐに出荷されるため、水分が多く、柔らかいのです。

 柔らかい=すぐに火が通る、で、今回ご紹介した串カツのように、厚みのあるクシ形に切っても、短時間で揚がります。煮物も素早いできあがり。牛肉と新玉ネギをサッと煮るのもおすすめです。

 辛みが弱いのも新玉ネギの特徴で、水で洗う程度で生食も可。かつお節やごま油をかけて、サラダで食べるとおいしいですよ。水分が多い分、新玉ネギは傷みが早いので、いろいろなお料理で新鮮なうちに召し上がってください。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る