オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

かつおのだしオリーブオイル漬け

 お刺身の残りをだしマリネしておくと翌日も美味しく食べられる、ということは何度もこのコーナーでお話させていただきましたが、これを低温でオイル漬けにすると、さらに日持ちし、お刺身そのものだけでなく、オイルにも素材の旨味がうつって美味しく仕上がります。

かつおのだしオリーブオイル漬け

<1>フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、かつおの表面をサッと焼く。
<2>(1)ににんにくを入れて、唐辛子を入れてかつおが浸るぐらいオリーブオイルを注ぎ、弱火でフツフツくるまで煮る。
<3>(2)の粗熱をとって、大葉とともに保存容器に入れ、3時間~一晩、冷蔵庫の野菜室で保存する。5日程度で食べ切るようにする。

材料(2人分)
かつお刺身用(だしマリネ1)・・・1さく
にんにく(スライス)・・・1片
唐辛子・・・1本
オリーブオイル・・・器に応じて適量

かつおのオイル漬けペペロンチーノ

 かつおのオイル漬けの身と、オイルを余すところなく使って作った簡単パスタです。今回、野菜は玉ねぎを加えて作っていますが、玉ねぎがなくても、冷蔵庫にある野菜を加えて作っていただいても美味しくできます。オイル漬けもかつおだけじゃなく“まぐろ”でも美味しくできます!安く売っているときに購入し、作っておくと便利ですよ。

かつおのオイル漬けペペロンチーノ

<1>鍋にお湯を沸かし、パスタを茹でる。
<2>フライパンにオイル、にんにく、黒七味を入れて中火にかけ、かつおをサッと炒める。
<3>(2)に水気を切った(1)を加えて全体に炒め合わせ、大葉を加え、塩で調味し、器に盛る。

材料(2人分)
かつおのだしオリーブオイル漬け(スライス)・・・1/2さく
だしオリーブオイル漬けのオイル・・・大さじ2
オイル漬けのにんにく・・・2枚
大葉(千切り)・・・3枚
玉ねぎ(スライス)・・・1/2個
パスタ・・・160g
醤油・・・少々
塩、胡椒・・・各少々

スタイルアップアイテム

写真

 先日、長崎の五島列島に出かけたときに見つけた椿の木で作った箸置きです。私の中では椿は伊豆大島というイメージが強く、五島列島の特産が椿であるということを知らなかったのですが、この時期、島のどこを歩いてもきれいに咲き誇るヤブツバキを見ることができ、温かな空気にのって漂う椿の香りが何ともいい感じで、気持ちよかったです。ヤブ椿は地元では椿油を中心に加工品が作られていますが、その中でも私が気に入ったのが、つば木工房の木工クラフトです。椿の木を使ったクラフトって、私が知っている中でもほとんど無くて、とても珍しいものです。長く使い続けても、形が歪むことなく、カトラリー(食卓用のナイフ、フォーク、スプーン)なども口当たりがいいんです。今回紹介したのは箸置きですが、複数カトラリーを置けるサイズ感で可愛かったので、即決で連れてかえってきました(笑)木のクラフトは、食卓にも一つ加わることで温かな空気感が漂って、いつもの食器でもちょっと違った雰囲気が楽しめるので、いくつ持っていても飽きないんです!1個400円。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る