オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

ミートローフ

 あらかじめ作っておけて、見た目も華やか。クリスマスや年末年始の人の集まるときにいかが?

ミートローフ
★全量2237キロカロリー、脂質149.8グラム、塩分8.2グラム
材料(6~8人分)
<生地> 
合いびき肉・・・600グラム
玉ネギ・・・小1個
バター・・・大さじ1
パン粉・・・1カップ
牛乳・・・1/3カップ
卵・・・1個
塩・・・小さじ1
コショウ、ナツメグ・・・各少々
ウズラの卵・・・10個
ニンジン・・・1/2本
インゲン・・・20グラム
小麦粉・・・適量
*クレソン、ミニトマト、ジャガイモのソテーなどを添えて。好みでマスタードをつけていただく
ミートローフ

<1>生地の下ごしらえをする 
 玉ネギはみじんに切り、バターでしんなりするまでよく炒める。パン粉に牛乳を加えて、しとらせておく。

<2>具材を下ごしらえする 
 ウズラの卵は水から5分ゆで、冷水にとって冷まし、殻をむく。
 ニンジンは皮をむいて1センチ角の棒状に切る。鍋に入れてヒタヒタの水を加え、軟らかくゆでてザルに上げて冷ます。インゲンはヘタを落として、長さを半分に切る。塩を入れた熱湯で1~2分ゆで、ザルに上げて冷ます。

<3>生地を作る 
 大きなボウルにひき肉、塩、コショウ、ナツメグを入れ、ねばりが出るまで手でよく混ぜる。(1)と卵を加えて混ぜる。ウズラの卵、ニンジン、インゲンに小麦粉をまぶして生地に加え、軽く混ぜる。

<4>生地を型に詰める 
 パウンド型にオーブンシートを敷いて、(3)の生地をウズラの卵などの具が散らばるようにしながら詰める。表面を平らにならし、型を両手で持ち上げて、5センチほどの高さから4~5回落とし、余分な空気を抜く。

<5>焼く 
 200度に熱したオーブンで20分ほど焼き、180度に下げてさらに20分焼く。冷めてから型から取り出し、食べやすく切って器に盛る。好みの野菜を添える。

ミートローフ

わたしの台所

 ミートローフとハンバーグの大きな違いは・・・型に入れて焼くところ。ミートローフは一度に焼き上げられるので手間いらず。冷めてもおいしく食べられるのがいいのです。

 お菓子のパウンドケーキ型や、100円ショップなどで売っているアルミのケーキ型を使って焼きます。ひき肉の生地を詰めたら、上から型をトンと落として、空気をしっかり抜くことが大事。空気が入っていると、切ったときに割れたりする原因になります。

 また、具材に小麦粉をまぶすことで、生地と密着させるのもポイントです。具材はコーン、アスパラガス、ブロッコリーなどお好みで。大人向けにはスタッフドオリーブを入れてもおいしいです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る