オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

アクアパッツァ

 イタリアの魚介料理です。オリーブオイルと白ワインで煮込むのが、風味のよさの秘訣(ひけつ)。作るのは簡単なのに、尾頭付きの魚を丸ごと料理する豪快さで、パーティーの主菜にもなってくれます。

アクアパッツァ

★1人分395キロカロリー、脂質30.5グラム、塩分2.0グラム

材料(4人分)
タイ・・・1尾
(全長35センチほど 約500グラム)
塩、コショウ・・・各少々
アサリ(殻つき)・・・250グラム
ニンニク・・・小4~5片
ミニトマト・・・8個
イタリアンパセリ・・・1束
バジル(生)・・・適宜
オリーブオイル・・・1/2カップ
白ワイン・・・大さじ3
塩・・・小さじ1/3
コショウ・・・少々
アクアパッツァ

<1>タイの下処理をする 
 タイはウロコ、エラ、内臓を取り、水で洗って水気を拭く。ここまでの下処理は、買うときに店でお願いする。
 タイの両面に浅い格子の切り込みを入れて、両面に軽く塩、コショウする。

<2>アサリの下処理をする 
 アサリは塩水に浸(つ)けて砂を吐かせ、両手でもみ洗いして殻の汚れを落とし、水気をきる。

<3>野菜の下処理をする 
 ニンニクは皮をむく。ミニトマトはヘタをとる。イタリアンパセリ、バジルはそれぞれみじん切りにする。

<4>タイをオイルで煮る 
 鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れて弱火にかけ、よく熱して香りを立てる。タイを入れて、鍋中のオイルをスプーンでかけながら、3~4分煮る。

<5>アサリを加えて煮る 
 タイのまわりにアサリを入れ、白ワインをふって強火にし、塩、コショウを加える。煮立ってきたらフタをして、弱めの中火で15~20分蒸し煮にする。

<6>トマトを加える 
 ミニトマトを入れて、イタリアンパセリ、バジルを散らし、ひと煮する。トマトの皮がはじけたら、汁ごと器に盛りつける。各人で取り分けていただく。

アクアパッツァ

わたしの台所

 色鮮やかで見た目は豪華ですが、鍋ひとつでできるアクアパッツァは、実は気楽な料理。尾頭付きのタイも案外お手頃価格ですし、スズキ、タラなどで作っても。骨からよいだしが出るので、切り身よりも一尾魚を使うのがおすすめです。

 ポイントは魚を鍋に入れたら、オリーブオイルをかけながらしばらく煮ること。熱いオイルをかけると魚の皮がめくれてくるので、事前に格子に切り目を入れておくことが大事。見た目よく、食べやすく仕上がります。

 たぶんイタリア人はこんなことはしないと思いますが、魚や貝やトマトのうまみの凝縮された煮汁を、白いご飯にかけて食べるのも最高。やってみてください。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る