オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

ほうれん草と卵のグラタン

 パンやご飯のおかずになるシンプルなグラタンは、ホワイトソースのおいしさが命。割ると半熟卵がトロリと溶け出します。

ほうれん草と卵のグラタン

★1人分516キロカロリー、脂質37.0グラム、塩分2.6グラム

材料(4人分)
ホウレンソウ・・・400グラム
バター・・・大さじ2
塩、コショウ・・・各少々
卵・・・6個
ホワイトソース 
バター・・・大さじ5
小麦粉・・・大さじ5
牛乳・・・3カップ
塩・・・小さじ2/3
コショウ・・・少々
ピザ用チーズ・・・80グラム
ほうれん草と卵のグラタン

<1>ホウレンソウをゆでる 
 ホウレンソウは根元に十文字に切り込みを入れて、たっぷりの水に10分ほどひたし、根元の泥を落とす。葉や茎をきれいに洗う。
 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩少々を入れて、ホウレンソウを3~4回に分けて少量ずつゆでる。色が鮮やかになったら取り出し、冷水にとって冷ます。熱がとれたら水気をよく絞り、3~4センチの長さに切る。

<2>半熟卵を作る 
 卵は水からゆでて、沸騰したら6分ほどゆで、半熟にする。冷水にとって中心まで冷まし、熱が取れたら殻をむく。

<3>ホワイトソースを作る 
 鍋にバターを入れて弱めの中火にかけ、バターが完全に溶けたら小麦粉を入れて、サラリとするまで弱火で炒める。
 冷たい牛乳を一気に入れて、泡立て器で手早く混ぜる。塩、コショウを加え、木べらで混ぜながらトロリとするまで煮詰める。

<4>皿にホウレンソウを敷く 
 フライパンにバターを溶かして、(1)のホウレンソウをサッと炒め、軽く塩、コショウする。ホワイトソースの1/2の量を加えてからめ、グラタン皿に敷く。

<5>ゆで卵、チーズをのせる 
 (4)にゆで卵を並べ、残りのソースを全体にかけてチーズをふる。

<6>焼く 
 オーブントースターに入れて、10~12分焼く。

ほうれん草と卵のグラタン

わたしの台所

 誰が作っても失敗しない、ホワイトソース。ポイントが3つあります。

 、バターと粉が同量であること。バターが少ないから、ダマになりやすいのです。バターを焦がさないように溶かしたら、同量の小麦粉を振り入れます。

 、粉をよく炒めること。小麦粉を入れると、いったんダマになりかけますが、木べらで混ぜながら炒めて、粉にじゅうぶんに火を通すことでサラサラに。ここまでよく炒めることが大事。

 、冷たい牛乳を一気に加えること。そしてシャバシャバの状態から、泡立て器で混ぜ、木べらでかき混ぜながら煮詰めていく。これで、なめらかなホワイトソースのできあがり。お試しあれ。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る