オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

昆布なめたけ

 きのこがおいしい季節の簡単絶品常備菜。なめたけは簡単に作れて、市販のものとは比べ物にはならないくらい美味しいので、是非、自分で作ることをおススメします。調味料の少なさに不安になるかもしれませんが、えのきだけから水分が出るので炒りながら仕上げて下さいね。これをベースに梅やかつお節、粉山椒や七味唐辛子などの香辛料を加えてもイケますよ!

昆布なめたけ

<1>鍋にえのきだけ、昆布だしを入れて混ぜ合わせ、中火にかける。
<2>(1)の水分が出てきて、えのきもくたっとしてきたら、Aを加えて、弱火で3~5分ほど煮詰める。
<3>熱湯消毒をした保存容器に、2の粗熱を取ったら入れて、ふたをして冷蔵庫で保存する。一週間程度で食べ切る。

材料(2人分)
えのきだけ(だしマリネ®1、1/3にカット)・・・200g
昆布(5×5cm程度)・・・1枚
昆布だし・・・50ml
A[ 醤油・・・大さじ3、みりん・・・大さじ2 ]

牡蠣と新生姜のご飯

 ぷりぷりの食感の牡蠣がたまらない!秋の名物ご飯。牡蠣の食感を残すために先にサッと煮汁で煮て、炊きあがったご飯の上にのせて蒸すのがポイントです。是非、大葉、みょうが、三つ葉の薬味をたっぷりかけて食べてみて下さい。

牡蠣と新生姜のご飯

<1>鍋にAを入れて、中火にかけ沸騰したら牡蠣と生姜を加えて2~3分煮る。
<2>炊飯器の釜に米を入れて1の煮汁を入れ、水(またはだし汁)を加えて180mlにして普通通りに炊飯する。
<3>(2)が炊きあがったら、ご飯を混ぜ合わせ、1の牡蠣、生姜を入れて数分蒸らし,さっくり混ぜあわせて器に盛る。
<4>お好みで薬味を散らす。

材料(2人分)
牡蠣(流水で振り洗いして水切り)・・・80g
新生姜(みじん切り)・・・20g
米(洗って、水をきっておく)・・・1合
A[ だし汁・・・75ml、醤油・・・大さじ1、酒・・・大さじ1/2、みりん・・・大さじ1/2 ]
薬味はお好みで
ねぎ、三つ葉、白ごま、ゆずなど・・・各適宜

スタイルアップアイテム

写真

 ご飯を写真で見ても、ふ~んわり柔らかに形よく盛ることって難しいですよね。このしゃもじはご飯をすくって、お椀にのせるだけで、誰にでもこんもり素敵に盛ることが可能です。その名も「もっこりしゃもじ」!しゃもじの部分がスプーンのようにくぼんでいるので、軽くすくうだけで、いい感じにご飯に空気も含んでくれます。サイズ感もよく、手にしっくり馴染んで、使いやすさも抜群!すくったご飯はそのまま茶碗にのせ、2度ほど盛りつけるだけで、のどの奥が思わず、ゴクッとなってしまうほどの白いご飯の勇姿が!!

 しゃもじの色は白と黒の2色。350円なんですが、毎日こんなに気持ちがあがるのなら、1本持っていていいかもですよ。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る