オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

だし鶏の梅しそサンド

 だし鶏が中途半端に残った時の定番レシピです。梅ごまマヨネーズを絡めただし鶏は香ばしく、梅の酸味が後味すっきりでオススメ!だし鶏の量が足りない時はごぼうをサッと茹でて、水気をきったものを加えると、かさも増して、また違った味わいを楽しめます。どちらも粒ごまをたっぷり混ぜ込んだ方が美味しいですよ。

だし鶏の梅しそサンド

<1>ボウルに鶏胸肉、梅干し、マヨネーズ、ケチャップ、だしマリネのだし、ブラックペッパー、白ごまを混ぜ合わせて、パンに挟む間際に大葉を混ぜ合わせる。
<2>ロールパンに切り目を入れて、その断面にバターを塗る。
<3>(2)に(1)を挟み、器にのせる。

材料(2人分)
鶏胸肉(だしマリネ®2、水気を切って千切り)・・・1/4個
梅干し(種をとって叩いておく)・・・2個
大葉(千切り)・・・4枚<
マヨネーズ・・・大さじ1<
トマトケチャップ・・・小さじ1/2
白ごま・・・小さじ1
だしマリネ®のだし・・・小さじ1
ブラックペッパー・・・少々<
バター・・・適量
ロールパン・・・4個

大根と厚揚げの牡蠣醤油煮

 あらかじめだしの染み込んだ大根とそれを漬け込んだだし汁だからこそ、サッと煮ても時間をかけて煮込んだかのような味わいに仕上がります。今回は厚揚げとともに煮ていますが、鶏肉や豚肉とともに煮て、あんかけ風にすれば、見た目も味も大満足なボリュームおかずになります。

大根と厚揚げの牡蠣醤油煮

<1>鍋にA、大根、厚揚げを加えて中火にかけ、5分ほど煮る。
<2>(1)にいんげんを加え、2分煮て火を止め、器に盛る。

材料(2人分)
大根(だしマリネ®2、1cm厚いちょう切り)・・・1/4本
厚揚げ(1cm厚12等分)・・・1枚
いんげん(塩茹でておく、2つ切り)・・・2本
A[ だしマリネ®のだし・・・400cc、砂糖・・・大さじ1、牡蠣醤油・・・大さじ2、酒、みりん・・・大さじ1、生姜薄切り・・・4枚 ]

スタイルアップアイテム

写真

 夏の終わりに作った三升漬け。あま麹、醤油、青唐辛子を同量の一升づつ漬け込むことから名付けられました。つくり方も簡単で、熱湯消毒した保存ビンに麹と唐辛子を良く混ぜ合わせていれ、醤油を具材が隠れるほど注いでふたをして冷蔵庫で2~3ヶ月保存するだけ。そろそろ、いい感じに味が仕上がっているころと開けてみたところ、ピリ辛加減もちょうどよく、最近はお刺身やいかそうめん、生たこに和えて食べているのですが、これが凄く珍味!簡単にして、上品な味わいで、自信を持って出せる上級おつまみの1品として重宝しています。熱々ご飯にのせて食べても美味しいです。今からでも遅くないので、是非、仕込んでみて下さい。お正月にはいただけますよ!是非お試し下さいね。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る