オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん
ハンバーグ

 両面を焼きつけて、蒸し焼きにする作り方で、ふっくら&ジューシーなできばえに。

ハンバーグ

 ★1人分451キロカロリー、脂質29.6グラム、塩分2.7グラム

材料(4人分)

合いびき肉・・・400グラム
玉ネギ・・・1/2個
バター・・・大さじ1/2
生パン粉・・・1カップ
牛乳・・・1/3カップ
卵・・・1個
塩・・・小さじ2/3
コショウ、ナツメグ 各少々
油・・・少々

<ソース> 赤ワイン・・・大さじ3
トマトケチャップ・・・大さじ4
ウスターソース・・・大さじ2
コショウ・・・少々
バター・・・大さじ1

*ニンジンのグラッセ、フライドポテト、クレソンなど好みのものを付け合わせて

ハンバーグ

<1>タネの下ごしらえをする
 玉ネギはみじん切りにする。フライパンにバターをひき、玉ネギをしんなりするまで炒めて取り出し、冷ましておく。生パン粉は牛乳に浸しておく。

<2>タネを作る
 ボウルに合いびき肉を入れ、玉ネギ、牛乳に浸したパン粉、卵、塩、コショウ、ナツメグを入れて、粘りが出るまでよく混ぜる。4等分して、生地をひとつずつ手にとり、空気を抜いて小判形にする。

<3>焼き目をつける
 フライパンに油を熱して(2)を並べ、中火にかける。平均に焼き色がつくように、フライパンの中でハンバーグの位置をずらしながら、1~2分かけて焼く。

<4>蒸し焼きにする
 裏に返して、もう片面にも同じように焼き目をつけ、ふたをして弱火で3~4分蒸し焼きにする。真ん中に竹串を刺してみて、透明な肉汁が出れば焼き上がり。ハンバーグを取り出す。

<5>ソースを作る
 フライパンに赤ワイン、トマトケチャップ、ウスターソース、コショウを入れて少し煮詰める。最後にバターを加える。

<6>盛り付ける
 皿にハンバーグを盛り、付け合わせを添えてソースをかける。

ハンバーグ わたしの台所

 ひき肉や合いびき肉は、店によって状態がさまざまです。肉売り場でよく見ると、赤身が多いものもあれば、逆に脂肪が多くて色の薄いものも。

 脂の多い上質な肉は、上手に焼けばジューシーに仕上がります。でも一般的には、脂肪が多いと焼くうちに脂がにじみ出てきて、ハンバーグの表面がその脂で焼かれ、焦げやすくなる。また、脂が多いと焼いたときに身縮みしてしまうのです。ふっくらとしたハンバーグを作るには、赤身の多い肉を選ぶほうが失敗がないです。

 冷凍品を解凍したひき肉も、肉のうまみをストレートに求めるハンバーグには不向き。冷凍の肉はミートソースなどの煮込み料理に使うことにしましょう。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る