大庭英子のおいしい家ごはん

豚肉の野菜巻き

 薄切り肉のボリュームおかず。野菜もとれて、フライパンひとつで作れるのもうれしい料理です。

豚肉の野菜巻き

 ★1人分416キロカロリー、脂質16.8グラム、塩分2.1グラム

材料(4人分)

豚モモ肉(判が大きめの薄切り)・・・400グラム

野菜の具  
長イモ・・・20センチ
エノキダケ・・・大1袋(200グラム)
万能ネギ・・・150グラム

片栗粉・・・適量
油・・・大さじ2
酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ3

豚肉の野菜巻き

<1>野菜の具を用意する
 長イモは皮をむき、10センチほどの長さの太めのせん切りにする(スライサーを使うと便利)。エノキダケは根元を切る。万能ネギは20センチほど(巻きつける豚肉の横幅)の長さに切る。

<2>肉で具を巻く
 3本の野菜巻きを作るので、豚肉を3等分する。豚肉を1枚ずつ広げて、まな板の上に縦長に置く。端を少し重ねながら、4~5枚を少しずつ重ねて広げ、幅20~22センチの長方形にする。  片栗粉をうっすらとまぶして、肉の手前側に(1)の具の1/3量を置き、両手で手前からきつめに巻き込む。この野菜巻きを3本作る。

<3>焼き目をつける
 フライパンに油を熱し、(2)の表面に片栗粉を薄くまぶして、巻き終わりを下にして並べる。まんべんなく焼き色がつくように転がしながら、強火で焼きつける。

<4>蒸し焼きにする
 全体に焼き目がついたらフタをして弱火にし、5~6分蒸し焼きにする。

<5>味をつけて煮る
 (4)の火を止めて、酒をふり、みりん、砂糖、しょうゆを順に加える。弱めの中火にかけて、野菜巻きを転がしながら煮詰め、全体に味をからめる。

<6>盛り付ける
 取り出して食べやすい輪切りにする。器に盛り、フライパンに残ったタレをかける。

豚肉の野菜巻き わたしの台所

 「肉を食べるなら、かたまり肉にかぎる」と実は長年思っていました。それが数年前から「薄切り肉もいいな」と思うようになりました。

 上質な薄切り肉は柔らかくて、おいしいんですよね。だから、あえて薄切り肉を数枚重ねて調理して、厚切り風に食べたりも。そのほうが、かたまり肉よりも火の通りが早く、場合によっては肉がジューシーに感じられます。

 紹介した野菜巻きのように、薄切り肉は“巻く”ことができるのも魅力。せん切りにしたニンジン、キノコ、ズッキーニなど、火の通りやすい野菜なら何でもOK。牛肉で作るのもおすすめです。甘辛い味つけで煮ることで、ご飯の格好のおかずになってくれます。

おおば・えいこ 料理研究家。約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載