だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

だし鶏の梅ごま和え

 だしの旨味が利いた鶏のささみは、麺やサラダのお供にぴったり。調味料とサッと混ぜ合わせるだけで美味しい和え物にもなり、あと一品欲しいときに、またたく間に気の利いた小鉢ができちゃいます!深夜食やお茶漬けのお供に、これをのせることもしばしばです。だしマリネ®のだし汁を熱々に温めて、たっぷりかけると、ごま醤油の香ばしい香りが立ち上り、最高に美味です。梅をわさびにしてもいいですよ。

だし鶏の梅ごま和え
材料(2人分)

鶏ささみ肉( だしマリネ®2 、細かく割いておく。)・・・3本

A[ 醤油・・・大さじ2、だしマリネ®のだし汁・・・大さじ2、みりん・・・大さじ2、酒・・・大さじ1、すりごま・・・大さじ1、梅肉・・・小さじ1/2、大葉(千切り) ]

<1>ボウルにAを混ぜ合わせる。
<2>(1)に鶏のささみ肉を割いたものを加え、全体に混ぜ合わせる。
<3>仕上げに大葉の千切り、白ごまを加えて軽く混ぜ合わせたら、器に盛る。

だし湯葉のべっこうあんかけご飯

 乾燥湯葉をだしマリネ®して、戻した湯葉のだし汁とともにいただく絶品丼!べっこう餡は、濃厚なだしの旨味のお陰で少ない量の調味料で味がしっかりと決まり、さっぱりした後味ながら旨味がしっかり感じられる仕上がりに。おかゆにかければ、京都の朝ご飯に出てくるおかゆさんになります。高菜とのコンビネーションは最高で、一度是非お試し頂きたい食べ方です。

だし湯葉のべっこうあんかけご飯
材料(2人分)

乾燥湯葉( だしマリネ®2 、食べやすい大きさに切っておく)
高菜(刻んでおく)

A[ だしマリネ®のだし・・・200ml、醤油・・・大さじ1と1/2、みりん・・・大さじ1、水溶き片栗粉・・・大さじ1 ]

おろし生姜・・・適量
白髪葱・・・適量
ご飯・・・2膳分

<1>鍋にAを入れて、混ぜ合わせ、弱火にかけて、ふつふつ来たら水溶き片栗粉を注いで、とろみをつける
<2>器にご飯を盛り、湯葉をのせ、1をかけて、高菜、白髪葱、おろし生姜を盛りつける。

スタイルUPアイテム
写真

 積み重ねができるニトリの食器が、色や形ともに“お値段以上”で気に入っています!ブルー、グレー、ネイビー、オフホワイトの4色バリエーションで、それぞれボウルやココット、パン皿、メイン皿など、どこかあの「iittala」製を思わせるシンプルなデザインで、すべて積み重ねられる優れもの。お値段もお手頃で、1個200~400円前後で購入できるので、ついつい迷ったあげく色別に複数オトナ買いしてしまうという感じ。なかでも写真のボウルは、ちょうどいい量の麺や丼物を盛りつけるのにサイズ感が良くて、とても重宝しています。食器を買うときは、あえて同じ色合わせで家族分を揃えるのではなく、相性の色合わせで2色を複数枚チョイスするといいですよ。こうすると、同じ色のものが4枚並ばなくても、コーディネートに動きも生まれ、統一感がありながら華やかで見栄えがするのでオススメです。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。