だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

ベジだしダブルドライカレー

 今回は“野菜だし”を使った簡単絶品ドライカレーです。野菜だしは、野菜を粉末にしてだしパックに詰めたもので、市販されています。私の場合、野菜だしは袋を破って使うことが多いです。水の入った鍋にそのまま袋を破って加えるだけでピュレ状になり、野菜の濃厚な旨味をまるまる味わえるので、お肉さえあれば、時短簡単に手の混んだ味に仕上げることができます。今回は煮出した野菜だしで、だしマリネしたピーマンでだしごとピラフを炊き、だしを取った後の袋の中身とひき肉を炒めてドライカレーにしています。ほんのり香るカレー風味のピラフに、トマトの風味が香る濃厚なドライカレーのコンビネーションが絶妙な1品です。

ベジだしダブルドライカレー
材料(2人分)

<カレーピラフ>
ピーマン(野菜だしを使った だしマリネ®2 、1cm角切)・・・2個分
玉ねぎ(みじん切り)・・・小1個分
米・・・1合
だしマリネのだし・・・180ml
カレー粉・・・小さじ1
ケチャップ・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
胡椒・・・少々
バター・・・大さじ1/2

<ドライカレー>
豚ひき肉・・・150g
野菜だしの袋の中身・・・1袋分
フライドオニオン・・・適量

A[ カレー粉・・・大さじ1、オイスターソース・・・小さじ1、ケチャップ・・・小さじ1、酒・・・大さじ1、野菜だし・・・100ml 塩、胡椒・・・各少々]

<1>カレーピラフをつくる。
フライパンにバターを入れ、中火にかけ、玉ねぎを入れて炒め、透明になってきたら、米を加えて、更に炒める。
<2>炊飯器に(1)とピーマン、調味料類を加えて軽く混ぜ合わせたら、通常の炊飯の要領でご飯を炊く。
<3>ドライカレーをつくる。
<1>のフライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、ひき肉を加えて炒める。肉の色が変わったら、野菜だしの袋の中身を絞り出し、混ぜ合わせたら、更にAを加えて水分が少なくなるまで炒め合わせる。
<4>器に炊きあがった(2)を盛り、(3)のドライカレーをかけ、フライドオニオンとペッパーを散らす。

ピーマンの炒り煮鶏節添え

 さっぱり甘辛味のだしつゆで炊いたピーマンは独特の臭みもなく、香ばしい味わいが美味で、子供にも大好評のおかずです。特に、今、にわかに人気の鶏節をたっぷり加えると最高!鶏肉の風味と相まって、食べ応えのあるコク旨な後味でオススメです。鶏節は、かつお節で代用しても問題なく、美味しいですよ。

ピーマンの炒り煮鶏節添え
材料(2人分)

ピーマン( だしマリネ®2 、ざく切り)・・・4個分
ごま油・・・大さじ1/2
鶏節・・・適量

A[だしマリネのだし・・・100ml、醤油・・・小さじ2、みりん・・・小さじ1]

<1>鍋にごま油をひき、中火にかけ、ピーマンを加えて軽く炒める。
<2>(1)にAを加えて、汁気がある程度飛ぶまで煮る。
<3>器に(2)を盛り、鶏節をたっぷりかける。

スタイルUPアイテム
写真

 川越の老舗の乾物屋さん「轟屋」さんの鶏節。鶏の胸肉を燻製にして、糸削りにされているもので、クセがなく、脂っこくもなく、繊細な味わいなのに、旨味たっぷり、あっさりした後味の鶏の風味がたまりません。徳島にも阿波尾鶏を燻製にして、花削りにしたものがあるのですが、私はこちらをおだし用に使っています。今回のように、かつお節の代わりとしておひたしや煮物のトッピングとして使うのはもちろんのこと、バターやチーズなどの乳製品を使った料理とも相性抜群なので、仕上げにたっぷりかけて使うこともできます。たまごかけご飯にかけると親子丼みたいな味わいで最高に美味です!

有限会社轟屋 http://todorokiya.shop-pro.jp/

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。