オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
ピリ辛だし枝豆

 枝豆のだしマリネ®はつくって冷やしておくと、そのままでも美味しく、お酒のアテにもってこいですが、豆を取り出して料理にもなります。枝豆の風味のついただしは、お吸い物、あんかけ、ジュレにしてサラダにかけたりと大重宝します。今回のピリ辛だし枝豆は、油やスパイスを替えたりするだけで、味わいが簡単に替えられるので、おつまみがもう一品欲しい時にオススメですよ。

ピリ辛だし枝豆
材料(2人分)

枝豆(軸の部分をカットしてだしマリネ®2、さやのまま)100g
にんにく(スライス・・・1/2かけ
唐辛子(種を取り輪切)・・・1本
オリーブオイル・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1
塩・・・少々
ブラックペッパー・・・適量

<1>フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて、中火にかける。
<2>(1)の香りがたってきたら、だしマリネ®した枝豆を入れて、サッと炒める。
<3>醤油をまわしかけて、塩とブラックペッパーを加えて、味を整える。

枝豆のだしクリームパスタ

 だしの味わいが染み込んだ枝豆を使ったさっぱりクリームパスタ。枝豆とだし汁でピュレにしたものに、生クリームとオリーブオイルを混ぜ合わせて、塩胡椒で味を調えるだけで、専門店顔負けの絶品味に仕上がります。パルメザンチーズを加えることで、ソース全体にコクが出るので、お好みで加えてみて下さい。

枝豆のだしクリームパスタ
材料(2人分)

枝豆(だしマリネ®2)・・・150g
パスタ・・・160g
だしマリネ®のだし汁・・・大さじ3
生クリーム・・・40ml
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・・・少々
胡椒・・・少々
パルメザンチーズ・・・お好みで

<1>枝豆をさやから取り出して、最後の盛りつけに使う分は少し取っておく。
<2>フードプロセッサーに1を入れ、撹拌する。
<3>(2)にだし、生クリームを加え、更に撹拌する。
<4>(3)をボウルに出し、オリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、塩、胡椒で味を調える。
<5>鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を入れパスタをゆでる。
<6>(4)にゆで上がったパスタを加えて、全体に絡め合わせ、パルメザンチーズを加え混ぜる。
<7>器に(6)を盛り、取っておいた枝豆を散らす。

スタイルUPアイテム
写真  調味料やスパイス入れは程よい量を保存でき、使い勝手がよく、スッキリ収納ができるものがいいですよね。でもこれが、なかなか、見つからないし、難しく、結局は1、2点妥協して使っていたりします。今回ご紹介するこの保存容器ですが、本当にコンパクトに納まり、530mlの容量の容器を土台に、大きさの違う2つの容器を、蓋にぴったり重ねられるという優秀商品。シンプルなデザインはもちろん、角についたキャップの大きさもちょうど良く、中身を出しすぎることもありません。そして、何よりこの値段が100円という嬉しさ!思わずあるだけ買い込んでしまいました。蓋は白の他に赤もありました。ダイソーで購入したのですが、久しぶりにいいものを見つけたと大満足!毎日使うたびに嬉しくなります。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る