だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

鰹のだし塩たたき

 「かつおのたたきはにんにくを添えてポン酢でしょ?」というのが一般的かと思いますが、私は高知に行って、塩たたきの美味しさを知ってから、新鮮なかつおが入ると塩たたきならぬ、だし塩たたきにします。レモンの代わりにすだち酢も美味でオススメ。だしマリネに使用する粉だしは塩分が入っているものであれば、かつおに改めて塩をふらないで下さい。

鰹のだし塩たたき
材料(2人分)

かつお( だしマリネ®1 )・・・1サク
レモン(くし切り)・・・1/2個
長ネギ(白髪ねぎ)・・・1/4本
貝割れ大根(根を切り1/2に切る)・・・1パック
レッドオニオン(スライス)・・・1/2個
大葉(千切り)・・・6枚

<1>かつおに粉だしをまぶし、だしマリネしたものをフライパンで皮目の方からサッと焼く。
<2>(1)をスライスして、皿に並べ、長ネギ、玉ねぎ、かいわれ大根を散らす。
<3>小皿にレモン汁を入れ、2をつけていただく。

とうもろこしのすり流し

 私はとうもろこし好きで、とうもろこしを使ったレシピはご飯に、揚げ物に、汁物と本当に沢山あります。中でもこのすり流しは夏の食卓の十八番で何度食べても飽きない味。とうもろこしのだしマリネがあれば、そのまま火にかけて、お味噌を溶くだけで美味しく仕上がります。今回のようにハンドミキサーで撹拌させることによって、コーンの甘味が増し、まろやかな味わいになります。よりクリーミーにしたいならば、ざるなどで濾して、よーく冷やして召し上がれ!

とうもろこしのすり流し
材料(2人分)

とうもろこし(実を包丁で削って だしマリネ®2 )・・・1本分
だしマリネのだし・・・400ml
白味噌・・・大さじ1
ゆず胡椒・・・お好みで

<1>鍋にだしマリネのだし、とうもろこしを入れて、中火にかけ、沸騰したら、火を止めて、白味噌を溶き入れる。
<2>(1)をハンドブレンダーかミキサーで撹拌して、粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす。
<3>(2)を器に盛り、ゆず胡椒をお好みで溶き入れる。

スタイルUPアイテム
写真

 韓国で見つけた「酢コチュジャン」。文字通り、コチュジャンに酢が入ったもので、甘酸っぱ辛い味わいです。現地では、お刺身には醤油ではなく酢コチュジャンというのがお約束らしく、酢コチュジャンにつけたお刺身をサンチュやエゴマの葉で巻いて食べています。

 私、最近「酢コチュジャン」にハマっていて、和え物をしたり、白身魚やイカにつけて食べたりしています。甘酸っぱい味に辛味が加わると、何でも美味しくなって、サラダや麺もこれとごま油を混ぜ合わせるだけで、モリモリ食べれちゃいます。日本なら東京・新大久保のコリアンタウンのスーパーで扱っています。辛いものが好きな人、絶対オススメです!

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。