オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
だし棒々鶏つけうどん

 だしマリネした鶏肉はこの季節、サラダ、麺類と大活躍!一度つくると残る間もなく食べ切ってしまうのがこの棒々鶏。今回はつけうどんにしていますが、もちろんいろいろな野菜やお豆腐と一緒に盛りつけて、だしの利いたゴマだれをたっぷりかけて食べても最高に美味です。ゴマだれにはたっぷりのすりごま、そして、具入りのラー油を少したらしてみて下さいね!

だし棒々鶏つけうどん
材料(2人分)

鶏もも肉(だしマリネ®2、スライス)・・・300g
きゅうり(ピーラーで薄切り)・・・1/2本
ミニトマト(1/2にカット)・・・2個
長ねぎ(薄い小口切り)・・・1/4本
うどん(乾麺、細いタイプ)・・・180g
いりごま(白)・・・お好み <つけだれ>
煉りごま(白)・・・大さじ1
だしマリネのだし・・・1カップ
醤油,みりん・・・各大さじ1と1/2
すりごま(白)・・・お好み
具入りラー油・・・お好み

<1>つけだれをつくる。鍋にだしマリネのだし、醤油、みりんを入れて、一煮立ちさせる。ボウルに煉りごま、すりごまを入れて一煮立ちさせただし醤油を少しづつ加えて、混ぜ合わせていく。ラー油はそれぞれ盛りつけて、好みで加える。
<2>鍋にたっぷりの水を入れて火にかけ、沸騰してきたら乾麺を入れて、ゆでる。
<3>ゆで上がったうどんを冷水で洗い、ざるにあげる。
<4>皿に3のうどん、きゅうり、だしマリネした鶏肉、トマト、ねぎを盛りつけ、いりごまをかける。別の器にタレを入れて添える。

小エビとしめじのコンフィ

 夏のおつまみストックベスト5に入る簡単コンフィ。むきえびをお酒と粉だしをまぶして“だしマリネ”してから、ハーブの香りのオリーブオイルとともにじっくり煮て下さい。出来立ても美味しいけれど、私は丸一日置いたものが大好きです。でも、いつも、味見しながら止まらなくなり、次の美味しいを味わうためにやっとの思いで保存容器の蓋をするんです(笑)

小エビとしめじのコンフィ
材料(2人分)

むきえび(だしマリネ®1)・・・12尾
しめじ・・・1パック
にんにく(スライス)・・・1/2片
鷹の爪・・・1本
オリーブオイル・・・70ml
ローズマリーなどお好みのハーブ・・・2枝
塩、こしょう・・・各少々

<1>スキレットのような小さなフライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪、ローズマリー、むきえび、しめじを入れて弱火にかけ、時々混ぜ合わせながら、約5分ほど煮る。
<2>むきえびに火が通り、しめじがしんなりしてきたら、塩、こしょうで調味して、耐熱容器に油ごと盛る。

スタイルUPアイテム
写真  夏は毎日おそばでも良いというほど、そば好きの私にとって、このすだれは欠かせません!「ざるそば用の丸竹すだれ」、四角いすだれは結構ありますが、丸いすだれって珍しくないですか?ずっと使っていたものが、白木のもので、それはそれでいいのですが、TODAY’S SPECIALの店舗でこれを見つけた途端、そのサイズ感、青い竹の風合いが気に入って、即、家族分、購入しました!深さのある器でも、浅いお皿でも、いつも使っている器がこれを1枚のせただけで、おしゃれなそば皿に変身してくれます。2~300円で購入でき、一枚もっていると便利ですよ。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る