だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

まぐろのだしてこね寿司

 夏のてこね寿司は山椒の香りを封じ込めた醤油たれにお刺身を漬け込むのがオススメ!鼻に抜ける山椒のピリッとした辛味、すっきりした後味が最高に美味です。いつも私は以前にも登場しています「山椒醤油」を使っておりますが、今回は粉山椒をあとでお好みで加えていただけるレシピにしておりますので、お好みで調整して作ってみて下さい。

まぐろのだしてこね寿司
材料(2人分)

まぐろ( だしマリネ®1 、1cm厚に切る)・・・1サク
A[ 醤油:酒・・・1:1 ]

粉山椒・・・お好みで

大葉(千切り)・・・6枚
ご飯・・・茶碗2膳分

<1>Aを鍋に入れて、中火にかけ、ふつふつとしてきたら、1~2分ほどして、火を止め、粉山椒を加え混ぜ、粗熱をとる。
<2>(1)にまぐろを入れて、30分以上漬ける。
<3>器にご飯を盛り、2をのせ、大葉を散らす。

あさりとブロッコリーのペペロンチーノ

 シンプルな炒め物ながら、我が家のリピートおかずの中で好順位の一品。だしマリネ®したブロッコリーに更にあさりの旨味が相まって、そのままでももちろん美味しいですが、パスタやリゾットにしてもいいですよ。仕上がりをスープでひたひたにしたければブロッコリーをだしマリネ®しただしを加えて増やしてみて下さい。食べたあとの極旨スープも捨てずに、お料理に使ってみて下さいね。

あさりとブロッコリーのペペロンチーノ
材料(2人分)

ブロッコリー( だしマリネ®2 )・・・小1個
あさり(砂抜きし、水切りしておく)・・・200g
酒・・・大さじ1
だしマリネのだし・・・大さじ3
にんにく(スライス)・・・1片
唐辛子(輪切)・・・1本
オリーブオイル・・・大さじ1
塩・こしょう・・・各少々

<1>フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて、中火にかけ、香りが立ってくるまで炒める。
<2>あさりを入れて炒め、酒をふり、蓋をして酒蒸しする。
<3>(2)のあさりの口が開いてきたら、だしマリネのだし、ブロッコリーを入れて再び炒め合わせ、塩、こしょうで味を整えて、器に盛る。

スタイルUPアイテム
写真

 私の大好きな調味料の一つに「スイートチリソース」があります。私はタイ料理だけでなく、隠し味や他の調味料と混ぜ合わせて使うのでそれなりに消費するのですが、一般的には使い切れずに残ってしまって賞味期限を迎えるという方も多いかもしれません。そんな中、とても便利なものを発見しました。「スイートチリソース10パック入り」です。本場タイでは50年以上も愛されてきたニワトリマークがシンボルマークのメープラノムのもの。化学調味料、合成着色料、保存料不使用にこだわった老舗ブランドで、スイートチリソースはこのブランドが大好きです。お店で見つけると購入しています。これが小分けになったとなれば、おススメしないではいられません!(笑)1袋12gと使い切りやすい量が最高です。揚げ物に漬けたり、マヨネーズと混ぜてオーロラソースにしたり、ちょうどいい量で無駄になりません。ビンで使い切れなかった方、是非見つけたら使ってみて下さい。カルディで扱っています。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。