だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

梅いかそうめんごはん

 お刺身に粉だしをまぶしてだしマリネ®すると、生臭みがなくなり、コク旨に。
 醤油をプラスしなくても、梅干しと大葉を混ぜ合わせるだけで美味しいのですが、、少し辛味をつけた醤油をほんの少し加えると、その辛味がアクセントになって違った味わいが楽しめます。柚子胡椒は、わさびや七味唐辛子に変えてもいいですよ。ご飯がわしわし、進みます!

梅いかそうめんごはん
材料(2人分)

いか( だしマリネ®1 )・・・1ぱい分
梅干し(種を取ってたたいておく)・・・小4個
大葉(千切り)・・・4枚
いりごま(白)・・・適量
醤油・・・少々
ゆず胡椒・・・少々
ご飯・・・茶碗2膳分

<1>ボウルに、だしマリネ®したいか、梅干しを入れて混ぜ合わせる。
<2>醤油に柚子胡椒を溶き、(1)にかけ混ぜ合わせる。
<3>大葉、いりごまを加えて軽く混ぜ合わせたら、器にご飯を盛りつけ、その中心にのせる。

ピリ辛山椒たたききゅうり

 毎年この時期に下ごしらえする山椒で作る醤油と酢、ラー油を混ぜ合わせるだけで、いい味わいの合わせ酢になり、これが和え物だけでなく、かけても、つけても美味しい合わせ調味料になります。だしの利いたきゅうりと相まって、一瞬にして手の混んだ味わいの和え物ができます。山椒醤油がなければがなければ、醤油に粉山椒をお好みの量加えて、混ぜ合わせたものを使って下さい。

ピリ辛山椒たたききゅうり
材料(2人分)

きゅうり( だしマリネ®1 、叩いて切っておく)・・・2本
A[ 山椒醤油(なければ醤油で)・・・大さじ1、酢・・・小さじ1、ラー油(又はごま油)・・・小さじ1、山椒の粒(又は粉山椒)・・・適量 ]

<1>ボウルにAを混ぜ合わせておく。
<2>(1)に叩いてカットしたきゅうりを入れて、全体によく混ぜ合わせる。
<3>そのまま、冷蔵庫で冷やしてからいただく。

スタイルUPアイテム
写真

 ホーローで出来ている保存容器のような様相にひかれて、つい買ってしまった陶器の保存容器。保存容器ってやたらと深みがあったりして、いざ料理を盛りつけると沈んでしまってうまく見せられない・・・なんてことが多いのですが、これはいい感じの深さ、シンプルでクールなフォルムで保存容器として使うにはもったいないほど。私の大好きな長崎の波佐見に陶箱弁当というものがあるのですが、これを模して、お弁当を詰めたりします。我が家のおもてなしのランチにお出しするとその可愛さに感激してくれます。スタッキングも出来るので収納もかさばりません。この上にかっちりと収まるスクエア型もあります。組み合わせて、お重のように使うこともあります。使い勝手がよく、色々なアレンジができるのでとても気に入っています。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。