だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

さんまの蒲焼きとごぼうの炊き込み御飯

 うなぎの櫃まぶしからヒントを得た炊き込み御飯。さんまの蒲焼きやまぐろのそぼろなどの缶詰はストックしておくと便利!味付けもだしと酒、めんつゆを補足程度に加えるだけで、美味しくできます。食べる時は粉山椒をお忘れなく!!さんまの甘辛味とごぼうの風味がとても良くあい、あとをひく味わいです。

さんまの蒲焼きとごぼうの炊き込み御飯
材料(2人分)

ごぼう( だしマリネ®2 、斜め切り)・・・1/4本分
さんまの蒲焼き・・・1/2缶
米(洗って水を切っておく)・・・1合
生姜(みじん切り)・・・1/2個

A[だしマリネ®のだし・・・180cc、酒・・・大さじ1/2、めんつゆ・・・大さじ1]

粉山椒・・・適量

<1>炊飯器に米、Aを入れてかき混ぜ、さんまの蒲焼き、ごぼう、生姜をのせ、通常のお米を炊く要領で炊く。
<2>(1)が炊きあがったら全体に軽く混ぜ合わせ、茶碗に盛り、粉山椒をかける。

豆腐のおいなりさん

 おいなりさんと思いきや、中身は豆腐と鶏肉!湯葉料理の専門店でいただいてから、だしのさっぱりした後味、食べ応えのある一品ということですっかりお気に入りになってしまいました。中の具材を色々アレンジするだけで、簡単美味しく、毎日食べても飽きません!

豆腐のおいなりさん
材料(6個分)

ひじき( だしマリネ®2 、水気を切っておく)・・・1g分
鶏ひき肉( だしマリネ®1 )・・・100g
豆腐(水気を切っておく)・・・1/2丁
椎茸(みじん切り)・・・1個
すりおろししょうが・・・小1/2個分
塩・・・少々
油揚げ(半分に切って袋にしておく)・・・3枚

A[だしマリネ®のだし・・・150ml、 酒・・・大さじ1、 砂糖・・・大さじ1/2、 みりん・・・大さじ1/2、 醤油・・・大さじ1/2]

<1>ボウルに水切りした豆腐、ひじき、鶏ひき肉、椎茸、すりおろし生姜、塩を入れてよく混ぜ合わせる。
<2>おいなりさんを作る要領で、油揚げに(1)を詰めて袋を折り、楊枝で止める。
<3>鍋にAの調味料を入れて中火にかけ、フツフツしてきたら、(2)を並べて落としぶたをして、15~20分ほど煮る。途中で上下を入れ替えて煮る。火を消してそのまま置き、味を馴染ませる。

スタイルUPアイテム
写真

 大勢集まるときや行楽でお出かけする時などに重宝するのが、折り紙で作る箸袋や箸置き。お料理の雰囲気に合わせて、色柄を選んでコーディネートしています。最近では折り紙も大人がテーブル周りで使えるような色や柄のものも沢山出回っているのをご存知ですか?100円ショップのアルファベットの折り紙や北欧を思わせるような柄、リバーシブルの折り紙などは要チェックです!!とにかく簡単に折れて可愛いので、作り出したら楽しくて、その手が止まらなくなります。是非、お試し下さいませ!

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。