グルメ情報一覧

中華蕎麦 生る [ラーメン/名古屋市千種区]

MAP
中華蕎麦 生る(なる)
全粒粉を使った自家製麺が特長の「つけそば」。ざらりとした食感と風味がたまらない。
全粒粉を使った自家製麺が特長の「つけそば」。ざらりとした食感と風味がたまらない。
名古屋市在住の書家・渡辺裕子さんの達筆で書かれた屋号が、どっしりとした店構え。
名古屋市在住の書家・渡辺裕子さんの達筆で書かれた屋号が、どっしりとした店構え。

これがラーメンの新しい味!
並んででも食べたい人気店

 ラーメンフリークの店主が、東京の人気店に飛び込み修行して、実店舗のオープンにこぎつけた「中華蕎麦 生る(なる)」さん。「つけそば」(800円)と、「濃厚塩中華そば」(780円)の2大メニューが看板というだけあって、その味を求めて連日多くの人がお店を訪れます。「つけそば」は、豚骨、鶏ガラ、たっぷりの野菜に、魚介を加えてじっくりと煮込んだスープが自慢。とろりと濃厚なつけ汁は、自家製の極太麺と絶妙にマッチ!こだわりの詰まった逸品を、ぜひともご堪能あれ。塩漬けレモンが目を引く「濃厚塩中華そば」も必食。つけそばのスープに、和風出汁、沖縄の塩、ヒマラヤ岩塩をプラスした塩ダレには、もっちもちのストレート麺がよく絡みます。チャーシューに乗っている塩漬けレモンをスープに溶かすと、すっきりと爽やかな風味がふわり。追加で「ドライトマト」(120円)もトッピングすれば、まろやかな甘みと酸味が楽しめます。普通のラーメンでは満足できなくなったら、「中華蕎麦 生る」さんへ駆け込んで!(月刊『KELLy』編集部 下川裕子)

データ

中華蕎麦 生る

  • 電話052-717-6028
  • 住所名古屋市千種区豊年町3-18
  • 営業11:30~14:00(LO) 18:00~21:00(LO)
  • 定休日月曜(祝日の場合は営業、翌平日休)
  • 駐車場6台(共同)
  • 喫煙不可
  • 予算昼夜900円

※本記事は2017年04月12日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。