オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
玉ねぎたっぷり牛丼

 玉ねぎに粉だしをふりかけてだしマリネしておくと、臭みも苦みも軽減されて生でも美味しく、サラダに添えたり、和え物に使ったり美味しいんです。だしマリネした玉ねぎをたっぷり入れた牛丼はいつもの牛丼と違ってコク旨に仕上がります。

玉ねぎたっぷり牛丼
材料(2人分)

牛肉切り落とし(だしマリネ®1、食べやすい大きさにカット)・・・200g
玉ねぎ(だしマリネ®1、千切り)・・・1個
砂糖・・・大さじ2
A[酒、みりん、しょうゆ・・・各大さじ3] 水・・・1カップ
ごはん・・・茶碗2膳分
七味唐辛子・・・適量

<1>フライパンにサラダ油をひき、中火にかけ、牛肉を入れて焼き付ける。肉の色が変わらないうちに玉ねぎを加えて、一緒に炒めつける。
<2>(1)に砂糖をふりかけ、全体に混ぜ合わせたら、Aを加えて混ぜ合わせ、水を加えて、3~4分煮る。
<3>器にごはんを盛り、(2)を盛りつけ、七味唐辛子をふりかける。

春菊だしジェノベーゼポテトサラダ

 春菊の苦みとくるみの香ばしさが絶妙なジェノベーゼ。これ一つあると、和えたり、かけたり、あっという間に一品作れます。今回はだしマリネしたじゃがいもと和えただけのポテトサラダですが、デパ地下のデリサラダのような手の混んだ味わいで、おススメです。

春菊だしジェノベーゼポテトサラダ
材料(2人分)

A[ 春菊(だしマリネ®1、ざく切り)・・・1/2把
くるみ・・・20g
にんにく・・・1/2 片
粉チーズ・・・大さじ2~3
オリーブオイル・・・100ml
塩・・・少々] じゃがいも(だしマリネ®2、粗くつぶす)・・・2個
ブラックオリーブ(スライス)・・・数枚
ミニトマト(スライス)・・・2個
マヨネーズ・・・適量

<1>春菊とくるみのジェノベーゼをつくる。Aの材料をハンディミキサーに入れて、均一になるよう、よく撹拌し混ぜ合わせる。でき上がったら殺菌された保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する。
<2>耐熱ボウルにじゃがいもとだしマリネのだしを少々入れて、電子レンジで2分程加熱し、取り出したら温かいうちに粗くつぶす。
<3>(2)に(1)の春菊ジェノベーゼとマヨネーズを入れて混ぜ合わせ、ブラックオリーブ、ミニトマトを軽く混ぜ合わせる。

スタイルUPアイテム
写真  ミニトングは盛りつけだけでなく、お肉を切るときのおさえやゆでた芋類の皮むきに大重宝するので、大きさや形違いで数本持っています。特に100円ショップに行くと必ずチェックします(笑)今回ご紹介しているミニミニのトングは飲茶用の取り分け用のものらしいのですが、こまかな作業や揚げ物の下ごしらえをする時にも、このサイズ感が手の平にしっかり馴染み、トングの先に力が伝わりやすいので、とっても使いやすいです。是非、見つけたら、購入して使ってみて下さいね。手放せなくなりますよ!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る