だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

だしドライトマトのオイル漬け

 だしの風味を纏ったドライトマトと煮干しをオリーブオイルで漬けたものは、朝のスクランブルトマトに、サラダにはトッピングやドレッシングにも使えてとにかく便利!煮干しは食べられる煮干しと銘打ったようなものを使えば、そのままでも美味しく、和風アンチョビ感覚でお酒のお供にも最高です。ミニトマトの乾燥加減はお好みでどうぞ。

さやえんどうのsakuraスープ
材料(つくりやすい分量)

ミニトマト( だしマリネ®1 、半分に切る)・・・10個、
煮干し・・・10本、
オリーブオイル・・・材料が浸るぐらい

<1>オーブンを130度で予熱する。ミニトマトの水分を軽くとって、オーブンシートをしいた天板に並べる。
<2>余熱の終わったオーブンに1の天板を入れて、40~60分ほど加熱し、粗熱をとる。
<3>保存瓶に2のトマト、煮干しを入れて、素材がしっかり浸るぐらいオリーブオイルを注ぐ。

ドライトマトと和風アンチョビのペペロンチーノ

 だしドライトマトのオイル漬けがあれば、あっという間に簡単極旨パスタができます。ドライトマトの濃厚な旨味とまろやかな味わいに煮干し、そしてその旨味がたっぷり移ったオリーブオイルだけでここまで美味しくなるのかと思う程!仕上げのトッピングは生のハーブがなくても、ドライハーブをパラッとかけるだけで美味しくなりますよ。

ドライトマトと和風アンチョビのペペロンチーノ
材料(2人分)

だしドライトマトのオイル漬けのトマト・・・10個、
だしドライトマトのオイル漬けの煮干し・・・4本、
にんにく(みじん切り)・・・1片、
鷹の爪・・・1本、
パスタ・・・160g、
パスタのゆで汁・・・大さじ4、
だしドライトマトのオイル・・・大さじ2、
塩、胡椒・・・各少々、
大葉(千切り)・・・4枚

<1>鍋に湯を沸かし、塩(分量外)入れて、パスタをゆでる
<2>フライパンにオイル、にんにく、鷹の爪を入れて、中火にかける。
<3>にんにくの香りがたってきたらトマト、煮干しを加えて炒める。
<4>3に1のゆで汁を入れて、混ぜ合わせ、茹で上げて水気を切ったパスタを加えて混ぜ合わせる。
<5>器に4を盛りつけ、大葉の千切りを盛りつける。

スタイルUPアイテム
写真

 オイル漬けやだしマリネを取り出す時に、取り出しやすく、味わいのある道具はないかなと思って、探していたところ、自由が丘散策中に出会った手仕事展で見つけたのが、このトング。木製のトングって珍しくないですか?そして、この小さからず、大きからずのサイズが手に馴染んで、本当に使いやすいんです。物も滑らず、どんな小さな物でもしっかりつかんでくれるのが、最高に気持ちがよく、保存瓶と一緒にだしておいても、このちょっと風情のある空気感がとても気に入っています。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。