だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

鮭しいたけ雑炊

 干し椎茸をだしでマリネ®することで、干し椎茸自身の臭みも軽減され、まろやかな味わいになり、その漬けただしもしいたけの旨味と相まって濃厚なだしになり、とても美味です。このだしで雑炊や煮麺をつくると信じられない程手の込んだ、料亭の一品に出てくるような上品な味わいになります。

鮭しいたけ雑炊
材料(2人分)

干し椎茸( だしマリネ®2 、スライス)・・・大1枚
鮭フレーク・・・大さじ2
ご飯・・・茶碗2膳分
卵(溶いておく)・・・2個
だしマリネ®のだし・・・300cc
白だし・・・大さじ2
三つ葉・・・適量

<1>鍋にだしマリネ®した干し椎茸と漬けておいただし、白だしを入れて、中火にかける。
<2>(1)が沸いてきたら、ご飯、鮭のフレークを加えて、中弱火で煮る。
<3>(2)の全体がフツフツしてきたら、溶き卵を加えて、鍋のふたをして5秒程おき、火を止める。
<4>(3)を茶碗に盛り、三つ葉を散らす。

ごぼうしいたけのだしオイル煮パスタ

 ごぼうといろいろなきのこをオイル煮したものは様々な料理にアレンジできる便利な常備菜の一つです。きのこは1種類でもOKですが、干ししいたけが入るとグッと味わいを増すので、是非干し椎茸は使って下さい。今回はパスタですが、ご飯に混ぜ合わせたり、サラダのトッピングにしたりするだけで美味しい1品ができます。香ばしい味わいがクセになりますよ。

ごぼうしいたけのだしオイル煮パスタ
材料(2人分)

※「だしオイル煮」
干し椎茸( だしマリネ®2 、スライス)・・・大3枚
ごぼう( だしマリネ®2 、スライス)・・・大1/4本
えのき茸(半分に切る)・・・1/2パック
しめじ(小分けに分ける)・・・1/2パック
エリンギ(1/2に切る)・・・1パック
にんにく(スライス)・・・1かけ
鷹の爪(輪切り)・・・1本
アンチョビ・・・2枚
オリーブオイル・・・大さじ1
粉だし・塩・胡椒・・・各少々

パスタ・・・160g

<1>「だしオイル煮」をつくる。鍋にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて中火にかけて炒める。香りがたってきたら、アンチョビ、干し椎茸、ごぼう、えのき茸、しめじ、エリンギを加えて炒め、粉だしをふり、蓋をして3分程蒸し煮する。
<2>ふたをとってかき混ぜ、塩・胡椒で調味し、火から下ろす。(1)が冷めたら、保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しておく。
<3>パスタをゆでる。
<4>フライパンに(2)の「だしオイル煮」を大さじ4~5程入れて、火にかけ炒める。
<5>(4)に(3)を加えて、全体に炒め合わせて器に盛る。

スタイルUPアイテム
写真

 保存容器や保存袋のフリークである私の最近のお気に入りがこのビン型の保存袋「ZIPPER BAGS」。雑貨屋さんで見つけた途端、一目ぼれして、大中小の3種のサイズ違いを即買いしました。これ、本当に可愛くて、何を入れても絵になってくれます!おすそ分けやホームメイドスイーツを入れてプレゼントすると、必ずどこに売ってるの?と聞かれる程、大人気のものです。自分用には薬やアメを入れ、バッグに入れて持ち歩いたりしています。しっかりとマチもあり、立てることもできるので、液体ものも入れて使えます。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。