オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
簡単だし蒸し鶏

 鶏肉に粉だしをまぶしてだしマリネ®したものをねぎ、生姜、調味料を加えてレンジで数分加熱しただけとは思えない程の美味しさです。ねぎや生姜に加えて、シナモンや八角など、スパイスを加えてもまた違った味わいでオススメです。粗熱がとれるまで、たれに浸したままにする事で、中までしっかり味が入ります。肉の厚みによって、きちんと火が通って無い場合もあるので、加熱時間は適宜調整して下さい。

簡単だし蒸し鶏
材料(2人分)

鶏胸肉(だしマリネ®1・フォークで穴を数カ所あけておく)・・・300g
ねぎ(青い部分)・・・1本分
生姜(スライス)・・・小1かけ
酒・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
伊勢醤油(無い場合はたまり醤油と濃口を1:1で混ぜ合わせる)・・・大さじ1強
黒七味・・・お好みで

<1>耐熱容器にだしマリネ®した鶏胸肉、ねぎ、生姜を入れて、酒、砂糖、醤油を入れて、ラップをして、電子レンジ600wで7分程加熱する。
<2>(1)を取り出したら、容器の中でたれを肉に絡め、ふたをして、そのまま粗熱がとれるまで置く。
<3>(2)をカットして、器に盛り、黒七味をお好みで散らす。

ねぎマグロの甘辛煮

 前の晩のお刺身の残りや安くなったまぐろのブツは、こうしてつくって保存しておくと、ちょいおかずに重宝します。あらかじめだしマリネ®によってまぐろの臭みがとれ、旨味がアップしているので、サッと煮るだけで味馴染みよく仕上がります。熱々のご飯に生姜の千切りやしそとともに混ぜて炊き込み後飯風にしたり、卵でとじて丼にしてもオススメですよ。

マッシュポテトミートグラタン
材料(2人分)

まぐろぶつ切り(だしマリネ®1・2cm角にカット)・・・150g
ねぎ(2cmぶつ切り)・・・1/2本
酒・・・100cc
本みりん・・・大さじ2
水・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ1
伊勢醤油・・・小さじ2

<1>鍋にまぐろ、ねぎを入れ、酒、みりんを加えて、中強火にかける。
<2>(1)が沸いてきたら、水を加え、沸いてきたらアクをとり、砂糖、伊勢醤油小さじ1を加えて2~3分煮る。
<3>(2)を4~5分煮て、残りの伊勢醤油小さじ1を加えて数分煮たら火から下ろし、器に盛る。

スタイルUPアイテム
写真  プロの料理人の方が煮物、焼き物にたまり醤油と濃口醤油を混ぜ合わせて使う技は有名で、そのひと手間とこだわりからでき上がった料理は香りも甘辛加減が絶妙です。とはいっても、たまり醤油は使い勝手も限られて、お刺身につけるぐらいでなかなか手が出ないという方がほとんどだと思います。そんな中、出会ったのが、今回のお料理でも使っている伊勢醤油です。これは伊勢神宮にも奉納される逸品です。たまり醤油と濃口醤油の両方の香り、風味を併せ持った再仕込み醤油です。見た目はとても濃く、味もかなり濃いと思われがちですが、実は濃口の塩分より低く、醤油の辛味の角がなく、非常にまろやかで驚きます。少ない量で、短時間にいい色合いの料理に仕上がる煮物、焼き付けても苦みが出ず、優しい味わいに仕上がり、手放せなくなっています!煮物が美味しくできないと思っている方には是非一度使ってみてほしいです。一気に料理の腕をあげたかのような美味しさを体験できますよ。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る