だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

さんまのつみれ鍋

 時間のあるときにつくっておいたつみれや肉団子、根菜のだしマリネ®があれば、10分もかからずに出来上がってしまう時短絶品鍋。つみれは、さんまやいわしの魚だけでなく、エビやホタテなどでも美味しくできます。一度にたくさん作って冷凍しておくといろいろに使え、料理にいくつか加えるだけでいい味わいを出してくれるのでオススメですよ。鍋に入れるだし汁が足りない時は、お湯に粉だしを足して混ぜ合わせたものを加えても大丈夫です。

さんまのつみれ鍋
材料(2人分)

A
さんま( だしマリネ®1 ・三枚おろし)・・・2尾、
酒、生姜、粉だし・・・各小さじ2、
片栗粉・・・大さじ2、
胡椒・・・少々

大根( だしマリネ®2 、いちょう切り)・・・1/5本
にんじん( だしマリネ®2 、いちょう切り)・・・1/4本
しめじ(石づきをとって、小分けに)・・・1パック
ねぎ(斜め切り)・・・1本
水菜(ざく切り)・・・2束
油揚げ(短冊切り)・・・1枚

だしマリネ®のだし汁・・・適量
味噌・・・適量

<1>さんまのつみれをつくる。Aをフードプロセッサーに入れ、ねっとりするまで撹拌しておく。
<2>小鍋にだしを入れて火にかけ、沸いてきたら(1)をスプーンで一口大にすくって入れ、野菜類、油揚げを入れてサッと煮る。火を止めて、味噌を溶く。

すりごまタップリ卵雑炊

 シメのお楽しみは鍋の醍醐味!1つつくって、2度美味しさを楽しめるコストパフォーマンスの良さは最高です!すりごまをたっぷり加えることで香ばしさが増し、くせになる美味しさです。この味わいにはまってから、雑炊をつくるときの仕上げにすりごまは欠かせなくなりました。

すりごまタップリ卵雑炊
材料(2人分)

ご飯・・・茶碗1杯分
卵・・・2個
すりごま(白)・・・適量
だし汁・・・適量
ゆずこしょう、七味などの薬味・・・お好みで

<1>小鍋に残っただし汁を温め、沸いてきたらご飯を加える。卵もあらかじめ溶いておく。
<2>(1)をお好みの固さに煮て、フツフツと沸いているところに溶き卵を回し入れ、鍋のふたをして、すぐ火を止め、数十秒置く。
<3>茶碗に(2)を盛り、すりごまをたっぷりかけ、お好みの薬味を添えていただく。

スタイルUPアイテム
写真

 薬味皿に最近よく使っている優れものが、このミニすり鉢とミニ片口。通常の大きさのすり鉢や片口のつくりをそのままに、とにかく見た目が愛らしいんです。お魚を盛りつけた長皿に大根おろしを添えたり、ワンプレートの一角にソースを添えたりと、どんな食器とも相性良く、うまく溶け込んでくれるのでとても気に入っています。お客様が何人もみえるときは種類の違う薬味皿に色々な薬味を入れて、木の大きなプレートに並べ、好きにセレクトして使ってもらうようにしています。違う種類の薬味皿が並んでも可愛いのはこのサイズのなせる技ですね。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。