だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

トマトすき焼き

 鍋が美味しい季節になってきました!寒くなってくると野菜もたくさん食べられて、身体も温まるので、毎日鍋でもいいと思うくらいで、我が家でも鍋のレシピアレンジはとにかく豊富です。その中で、人気のリピート鍋の一つがトマトすき焼き。だしマリネ®したトマトがいい旨味になって、すき焼きの割り下をたくさん加えなくても美味しく、お肉も玉ねぎもモリモリ食べられます!加える野菜は、白菜、キャベツ、きのこ類など、お好みのものをたっぷり入れてOK!

トマトすき焼き
材料(2人分)

トマト( だしマリネ®2 スライス)・・・1個分
牛(すき焼き用)・・・200g
玉ねぎ(厚めのスライス)・・・中1個
ニンニク(スライス)・・・小1片
オリーブオイル・・・大さじ1
すき焼き用割り下・・・適量
たまご(とき卵用)・・・2個

<1>鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れて火にかけ、炒め、香りが出てきたら、玉ねぎ、割り下を入れて柔らかくなるまで煮る。
<2>トマト、肉をいれてさっと煮たら、とき卵にくぐらせて食べる。
<3>シメは、パスタで!(つくり方は、レシピ2の「和風トマトパスタ」をご参照く ださい)

和風トマトパスタ

 トマトすき焼きのシメに、必ずセットでつくりたいのが、このパスタ!トマトの甘味と割り下の醤油の味わいが驚くほど合い、おかわり必至の一品です。味が薄いと思ったら、割り下を少量足して調整して下さい。ゆでたパスタは必ずオリーブオイルに絡めておきましょう!

和風トマトパスタ
材料(2人分)

トマト( だしマリネ®2 、つぶしておく)・・・1/2カップ
パスタ(ゆでたもの)・・・100g
すき焼き用割り下・・・適量
粉チーズ・・・適量

<1>トマトすき焼きをした割り下の残りにだしマリネ®したトマトを入れ、パスタを入れ、全体に絡める。味が足りないと思ったら、ほんの少しだけ割り下を加える。
<2>(1)を器に盛り、好みで粉チーズを散らす。

スタイルUPアイテム
写真

 鍋だけでなく、フライパンなどで調理したものを器に盛りつける時に、ソースや具材など、普通のスプーンでは盛りつけづらく、綺麗に盛れない・・・という経験を持っている方も多いかと思います。今回紹介する盛りつけ用のスプーンだと、具材もある程度のボリュームの量を一度にすくえて、スープやソースなども鍋に余すところなくすくえるので便利です。煮物もこのスプーンで盛りつけると、色々いじらなくてもいい感じに盛りつけられるので、ステンレスや木やホーロー製のものなど、お鍋に応じて使い分けています。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。