だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

簡単豚肉ニラ炒め

 だしマリネ®したニラで作る“にら油”は便利常備調味料。これさえあれば、お好みの材料とともにサッと炒め合わせて、香りづけ程度の醤油だけでコク旨な一品が完成します。にら油はまとめて作っておくと炒め物にはもちろん、焼き肉のたれに加えたり、卵やひき肉に混ぜ合わせて焼いたり、簡単に味わいをバージョンアップしてくれるので、おすすめです。

簡単豚肉ニラ炒め
材料(2人分)

豚こま肉・・・200g
えのき茸(根を切り、半分にカット)・・・1/2パック

A(にら油) [ニラ( だしマリネ®1  好みの長さに細かく切る)・・・1/2把
ごま・・・小さじ1
唐辛子(輪切り)・・・1本
ごま油・・・大さじ1]

酒・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1

<1>Aを混ぜ合わせておく。テフロン加工のフライパンを中火にかけ、豚肉を入れてサッと炒める。
<2>肉の色が変わってきたら、えのき、Aを加え、炒め合わせる。
<3>(2)に酒を加え、全体を炒め合わせ、仕上げに醤油を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。

だしキャベツ

 箸休めにサッと作れる簡単お漬物風サラダ。だしマリネ®したキャベツはそのままでも美味しいけれど、味のバリエーションがほしい時にちょっと調味料をプラスするだけで、手の混んだ味わいになります。お好みで薬味野菜や辛味調味料を加えても美味しいですよ!

きのことベーコンの炊き込みピラフ
材料(2人分)

キャベツ( だしマリネ®1  手で一口大にちぎる)・・・6枚
にんにく(すりおろし)・・・少々
白すりごま・・・小さじ1
ごま油・・・大さじ1

<1>ビニール袋にキャベツを入れて、にんにく、すりごま、ごま油を加え、封をしてよく混ぜ合わせ、器に盛る。

スタイルUPアイテム
写真

 我が家はご飯は玄米派ですが、白米と違って、なかなか時間がかかり、身体にいい事はわかっているけれど毎日炊くのは大変という声もよく聞きます。そして、時間をかけてやっと炊きあげても、なんだか美味しく出来なかった、なんていう経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。私も何とか玄米を白米のように美味しく、出来れば短時間に炊けないかとあれこれ試行錯誤していました。そんな中、出会ったのが、この『リロンデル』というお鍋。鋳物で有名な新潟の燕市で作られた無水鍋なのですが、これだと何時間も浸水しなくても、炊き上がりまで1時間弱で、ふっくら炊き上がるんです。玄米のためだけにこの鍋を持ってもいいと思われるくらいおいしい玄米ご飯ができるんです。バリエーションに浅鍋があるのですが、これで煮物、煮魚を作ると、たくさんの水分を加えなくても、素材本来の水分でふっくらコク旨に仕上がります。今は時短で美味しくお料理が出来るこの鍋にはまり、毎日のご飯づくりにフル活用しています。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。