オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
オクラたっぷり梅だし豆腐

 オクラときゅうり、大葉やみょうがなど、だしマリネ®して混ぜ合わせたものは薬味がわりに重宝します。今回は練り梅ですが、のせる食材によって、だしやだし醤油や酢などを仕上げに加え混ぜ、ご飯にのせたり、お魚やお肉のお供にしたりしています。今回は冷たいだしあんかけ豆腐ですが、豆腐を崩して、混ぜ合わせたものをご飯にかけても美味です。

シーフードリゾット
材料(2人分)

オクラ(だしマリネ®2 輪切り)・・・4本
きゅうり(だしマリネ®1 さいの目切り)1/2 本
みょうが(みじんぎり)・・・1/2 個
練り梅・・・大さじ1
大葉(みじんぎり)・・・5枚
かつおぶし・・・適量
豆腐 (1/2に切る)・・・1丁
だし・・・300cc
水溶き片栗粉・・・適量

<1>オクラをだしマリネ®する。オクラを板ずりする。鍋に湯を沸かし、塩適量(分量外)を入れて、オクラを加えてサッとゆで、ざるにあげる。保存容器にがくをカットしていれ、熱々のだしを注ぎ、30分以上漬けておく。
<2>ボウルに(1)、きゅうり、みょうが、大葉をカットしたもの、練り梅、かつお節を入れて混ぜ合わせておく。
<3>だしを鍋に入れて火にかけ、沸いてきたら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。冷ましておく。
<4>器に豆腐を盛り、(2)を豆腐にのせ、(3)を静かにかける。

ごま豚しゃぶ丼

 しゃぶしゃぶ肉には一度湯通しして、粉だしをまぶし、だしマリネ®します。そのまま食べてもさっぱり美味しいけれど、野菜と一緒に混ぜ合わせたり、サラダのトッピング、和え物などすることで、簡単に手の込んだ味わいの1品を作ることができます。このごま豚しゃぶ丼はその簡単時短料理の中のベスト10に入るほどの人気丼!特にゆずこしょうを辛みに加えるのがおすすめです。

ごぼう豆乳のクリームペンネ
材料(2人分)

豚しゃぶしゃぶ用肉(だしマリネ®1)・・・200g
もやし(だしマリネ®2)・・・1/2パック
かいわれ大根(だしマリネ®1、根を切って1/2に切る)・・・1/2パック
ご飯・・・茶碗2膳分 A[ゴマだれ(市販)、白すりごま] ラー油、ゆずこしょうの辛み調味料・・・お好みで

<1>豚肉をだしマリネ®する。鍋に湯を沸かし、豚肉をサッとゆでたらボウルにあげて、粉だしをまぶしてだしマリネ®しておく。
<2>ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、(1)、だしマリネ®したもやしを入れて混ぜ合わせる。
<3>器にご飯を盛り、だしマリネ®したかいわれ大根を散らし、中心に(2)を盛りつける。

スタイルUPアイテム
写真

 最近お気に入りの食器が筑前小石原焼。9月に発売されます私の新刊でも数々登場しておりますが、とにかく使いやすく、盛るだけでお料理、スイーツが映えます。最近「小石原ポタリー」などと銘打ったしゃれたものも出てきて、都内でもおしゃれなセレクトショップでもちらほら見かけるようになりました。この焼き物の特徴的な柄、飛び鉋、刷毛目模様が可愛くシンプルで、ちょっと粗削りな感じはありながらも、シャープな印象で、柄の不揃い感にも味があり、手作業のぬくもりが感じられます。中でもおすすめが早川窯元さんのもの。焼き物本来の伝統を受け継ぎながら、シンプルなものから、現代的でおしゃれなフォルムのものまで多く作られ、ヘビーローテーション出来るラインナップは必見です。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る