だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

シーフードリゾット

 トマトのだしマリネ®は、トマト本来の旨味にだしの旨味が折り重なった最高の濃厚旨味だし!ご飯に、麺に、ドレッシングに、とにかくなんでも使えるおかずの素です。だしの濃厚な旨味のおかげで、塩、こしょうでちょっと調味するだけで見違えるほど手の込んだ味わいになります。

シーフードリゾット
材料(2人分)

トマト( だしマリネ®2 :ざく切り)・・・中2個分
だしマリネ®のだし・・・100cc
シーフードミックス(冷凍・水気を切っておく)・・・200g
にんにく(みじん切り)・・・1かけ分
ご飯・・・多めの1膳分
パルメザンチーズ・・・適量
パセリ・・・適量
オリーブオイル・・・適量
塩、こしょう・・・各少々

<1>トマトをだしとともに、ミキサーで粗く砕いておく。
<2>フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、炒め、香りがたってきたら、シーフードミックスを入れて炒め、(1)とごはんを加える。
<3>(2)にご飯を加えて、サッと煮る。塩、こしょうで味を調えたら、器に盛り、パセリとパルメザンチーズをかける。

ごぼう豆乳のクリームペンネ

 ごぼうのだしマリネ®を漬けただしごと使ってピュレにし、豆乳でのばした簡単ソース。ピュレはだしの量で濃度を変えれば、パスタソース、スープと簡単にアレンジして、活用出来ます。

ごぼう豆乳のクリームペンネ
材料(2人分)

ごぼう( だしマリネ®2 :斜め切り)・・・1本分
玉ねぎ(乱切り)・・・1/2個
にんにく(スライス)・・・1/2かけ
だしマリネ®のだし・・・50cc
豆乳・・・200cc
生クリーム・・・50cc
コンソメ(顆粒)・・・小さじ1
塩・・・少々
粗挽きこしょう・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ1
ペンネ・・・100g
パルメザンチーズ・・・大さじ1/2
パセリ・・・適量

<1>鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ火にかけて炒め、香りがたってきたらごぼうと玉ねぎ加えて炒め、だしマリネ®のだしを加えて柔らかくなるまで煮る。
<2>(1)の粗熱が取れたら、ハンディミキサーでピュレ状にする。
<3>(2)に豆乳を加えて温め、生クリーム、塩、粗挽きコショウで味を調える。
<4>別の鍋に湯を沸かしてペンネをゆでる。ゆであがったら、水気を切って、(3)と和える。器に盛ってパルメザンチーズ、パセリをかける。

スタイルUPアイテム
写真

 ハンディーミキサーは1本もっておくと、そのまま煮炊きした鍋に直接入れて、ミキシングや砕いたり出来るので便利!ボウルなどに移すことも必要ないので洗い物も出ずに、スムーズに料理出来るので、手放せません。冷蔵庫に中途半端に残った野菜はすぐにだしマリネ®してしまう私ですが、複数種類の野菜のだしマリネ®は、一度にたくさん作り、ミキサーにかけておき、いくつか小分けにして冷凍しています。こうしてスープストックにして保存しておくと、調味料やハーブなどをちょっと加えるだけで、時間と手間をかけたような深い味わいの煮込みやスープが簡単に出来るのでおすすめです。

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。