オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
アボタマホットサンド

 生でだしマリネ®をして美味しい野菜ベスト3に入る「アボカド」。粉だしをまぶして、変色防止のためのレモン汁をかけておけば、サラダのトッピングにはもちろん、サンドイッチの具、丼など色々使えて美味!最近、お気に入りでおすすめはホットサンド!半熟のスクランブルエッグとアボカドにめんつゆとマヨネーズを和えた簡単ディップのサンドイッチは一度食べると、ヤミツキになる美味しい組み合わせです。辛みの大丈夫な方は、タバスコを少しかけて、食べてみて下さい。

アボタマホットサンド
材料(2人分)

アボカド(だしマリネ®1、粗みじん切り)・・・1/2個
卵・・・3個
食パン(8枚切)・・・4枚
A[めんつゆ・・・小さじ1/2、マヨネーズ・・・小さじ1]
塩・こしょう・・・各少々
オリーブオイル・・・適量

<1>ボウルにだしマリネ®したアボカド、Aを入れて混ぜ合わせておく。
<2>別のボウルに卵を割り、塩、こしょうをする。フライパンにオリーブオイルを入れて、中火にかけ、温まったら、卵液を注いでスクランブルエッグを作る。半熟で仕上げる。
<3>食パンに(2)をのせ、(1)をのせたらもう一枚の食パンで挟み、ホットサンドメーカーをセットし、3分ほど焼く。

キャベツとトマトのペペロンチーノ

 中途半端に余ってしまった葉物野菜は粉だしをまぶして、だしマリネ®しておくと無駄にすることがなくなります。だしによって旨味のあがったキャベツはそのままで食べても、サッと火を通してもいい味を出してくれるので、重宝しています。常備菜のトマトのだしマリネ®とともにチャチャッと仕上げたさっぱりした味わいのペペロンチーノは簡単なのに、手の込んだ味わいで、おもてなしにも使えます。

キャベツとトマトのペペロンチーノ
材料(2人分)

キャベツ(だしマリネ®1、ざく切り)・・・2枚分
ミニトマト(だしマリネ®2)・・・4個
にんにく(スライス)・・・1かけ分
パスタ・・・200g
唐辛子(輪切り)・・・1本分
オリーブオイル・・・適量
塩・こしょう・・・少々
大葉(せん切り)・・・4枚

<1>鍋に水を入れて、火にかけ、沸いたら、塩(分量外)を入れて、パスタをゆでる。
<2>フライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて、中火にかけて炒め、香りがたってきたら、トマトを入れて軽くつぶし、キャベツを加えてサッと炒め合わせる。
<3>(2)にゆで上がった(1)を入れて、全体に炒め合わせ、塩、こしょうで味を調えて、器に盛り、大葉をのせる。

スタイルUPアイテム
写真

 最近はまっているホットサンド!生野菜のだしマリネ®さえあれば、また、なかったら、葉物野菜に粉だしを少しまぶして、冷蔵庫にある食材とともに挟んでしまえば、何でも美味しく出来ちゃいます。味はもちろんのことですが、色々たくさん挟んで、パンをカットする時のドキドキ感は本当に楽しいです。ホットサンドメーカーはいくつも使ってきたのですが、パンの周りがきれいにくっつかなかったり、具材がはみ出たりしてしまっていました。このレコルテのプレスサンドメーカー キルトは少々多めの具材もしっかり!包み込んでくれて、ちょうどいい感じの焼き色できれいに、カフェのような具沢山サンドに仕上がるので、気に入っています。時間のない朝も、サッと作れて、これ一つでバッチリ栄養満点のサンドイッチがいただけるので、おすすめですよ!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る