オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
肉味噌そうめん

 乾物のしいたけやごぼうはだしで戻して、その極旨だしごと調理をするのが簡単便利です。常備菜としてもよく作る肉味噌は色々味のレパートリーがあるのですが、今回の肉味噌はだしで煮ているので、今の時期、そうめんと相性抜群のもの。和えそばのように全体に混ぜ合わせて食べて下さい。お好みでラー油や辛み調味料や温玉をプラスして黄身を絡めて食べるとさらに美味です。

肉味噌そうめん
材料(2人分)

豚ひき肉・・・200g
干し椎茸(だしマリネ®2、さいの目切り)・・・10g
干しごぼう(だしマリネ®2)・・・5g
乾物を戻しただし(干し椎茸、干しごぼうを戻しただし)・・・各100ml A
[醤油・・・大さじ1、みそ・・・大さじ2、コチュジャン・・・小さじ1
酒、みりん、砂糖・・・各大さじ2] ごま油・・・大さじ1
そうめん・・・200g

<1>干し椎茸、干しごぼうをだしで戻したら、各100mlずつ取っておく。しいたけ、ごぼうは軽く水気をきっておく。
<2>鍋にごま油をひき、中火にかけ、(1)、ひき肉を入れて炒める。
<3>(2)にだしとAを加えて、全体に炒め、混ぜ合わせる。
<4>そうめんをゆで、流水で洗って、水気を切る。
<5>器に(4)を盛り、(3)をたっぷりかける。

れんこんとひじきのツナマスタード

 だしによって旨味がひき出され、乾物の臭みも軽減されたひじきを使った和え物。だしのおかげで調味料の量を抑えて、美味しくヘルシーな仕上がりに。カレー粉の隠し味がいいアクセントになり、豆腐、パン、と何にのせてもいける一品。

れんこんとひじきのツナマスタード
材料(2人分)

ひじき(だしマリネ®2)・・・大さじ2
れんこん(だしマリネ®2・薄いいちょう切り)・・・100g
ツナ・・・小1缶
粒マスタード・・・大さじ1
マヨネーズ・・・大さじ1
ごま(白)・・・適量
カレー粉・・・少々
フランスパン (スライス)・・・1/2本
バター・・・適量

<1>フライパンを熱し、油を敷かずにれんこんをサッと炒める。
<2>ひじき、ツナ、マヨネーズ、マスタード、カレー粉をすべて入れて混ぜ合わせる。
<3>フランスパンにバター塗り、オーブントースターでこんがり焼き、(2)をのせる。

スタイルUPアイテム
写真

 干し椎茸と同様に、旨味のでる乾物で重宝しているのが、干しごぼうと干しキノコ。あらかじめカットしてあり、戻す時間も短くてすむので、15分から30分ぐらいで、お料理に使っています。キノコもごぼうもそれ自体もだしによって味がまろやかになり、だしも干しキノコやごぼうから出た旨味によって、バージョンアップし、とても贅沢な味わいのだしになります。優しい甘味やコクもあるので、糖分も塩分も控えめの調味で充分美味しい料理に仕上がります。 最近は便利な乾物もたくさん出てきていますので、上手に取り入れてみて下さいね。私のお気に入りは幸田商店さんの乾燥野菜です。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る