だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ

【基本のだしマリネ®2の応用】ゆでだし鶏

以前ご紹介した「 ゆでだし豚 」同様、つくっておくと便利なゆでだし鶏。レンジで加熱して作ったものとは思えないほどのしっとりやわらかな食感!

写真
材料(2人分)

鶏もも肉または鶏胸肉・・・300g
だしパック・・・1パック
水・・・400cc
酒・・・大さじ1
生姜・・・1かけ
長ネギの青い部分・・・1本分

<1>肉に粉だしをまんべんなく、まぶす。
<2>(1)と水、酒、生姜、ねぎを耐熱びんや
耐熱容器に入れ、レンジ500wで5分ほど加熱する。
容器のまま、粗熱をとり、蓋をして冷蔵庫で保存する。
(レンジの機種や肉の大きさにより、仕上がりに
差の出ることもありますので、随時レンジの時間を調整して下さい)

 
ジャパニーズ・チキンライス

 ゆで鶏はそのまま取り出したらスライスして、鶏を漬けておいただし汁でご飯を炊くだけ。このチキンライスはチキンとだしの合いまった絶妙な味わいが最高で、大葉、みょうがなど和の薬味たっぷりのせて食べるのがオススメ!

ジャパニーズ・チキンライス
材料(2人分)

ゆでだし鶏(スライス)・・・600g
ゆでだし鶏のだし汁・・・360cc
米・・・2合
大葉(千切り)・・・8枚
みょうが(縦に4等分にカット)・・・2個
ジンジャーソース・・・適量
(生姜のみじん切り1かけ分、レモン汁大さじ1/2,粉だし,砂糖各小さじ1/2を混ぜ合わせる)
スイートチリソース・・・適量
にんにく醤油・・・適量
(だしパック1袋、にんにく4片、生姜1片、醤油400ccを蓋付きのビンに入れて、冷蔵庫で1日以上おいたもの)

<1>チキンだしご飯を炊く。米をサッと洗い、水気を切り、内釜に入れてゆでだし鶏のだし汁を注ぎ、炊飯器にセットし、通常通りの方法でご飯を炊く。
<2>炊きあがった1を皿に盛り、その上にゆで鶏を並べて、大葉を散らす。
<3>お好みのソースをかけていただく。

水菜のしょうが浅漬け

 ゆでだし鶏なら、あらかじめ熱も通っているので、照り煮もパパッと時短でできちゃいます。にんにく風味の甘辛味と黒七味の奥深い風味とすっきりした辛みが折り重なり、お酒にも合う大人の一品に。

水菜のしょうが浅漬け
材料(2人分)

水菜(基本のだしマリネ®)・・・2束
紅芯大根(基本のだしマリネ®1)・・・1/4本
生姜(千切り)・・・中1個
塩・・・少々

<1>ボウルに水菜、大根、生姜を混ぜ合わせたら20分ほどおいて、皿に盛る。
<2>ビンに漬けたものは冷蔵庫で保存する。

スタイルUPアイテム
写真

 カットした野菜や余った野菜も刻んで、真空パックにしておくと美味しさそのまま!真空パックセットというと結構なお値段のもので、大層なセットの印象があるかもしれませんが、最近ではプラスチックのポンプで保存袋の空気を簡単に抜いて真空にでき、その上その袋も繰り返し使えるというものが出てきています。価格も手頃なので、是非試してみて下さい。結構使えて、はまります! 「フードフレッシュバッグ真空ポンプ付きセット」(スケーター  http://www.skater.co.jp/

PROFILE 八代恵美子 編集、ライター、フードクリエイター 数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)がある。