オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方
【基本のだしマリネ®2の応用】ゆでだし豚

 ストックしておいて、カットしてそのままサラダに添えたり、ソースをかけたり、焼いてタレを絡めたり、野菜と一緒にサッと煮たりと、短時間に美味しく色々アレンジできるオススメのおかずの素!お弁当に、おつまみに、時短おかずに大重宝します。
だしの効果でしっとりやわらかく仕上がった肉はレンジで加熱してそのままおいておいたとは思えない程、絶品です。

ゆでだし豚
材料(2人分)

豚肩ロース塊・・・400g
だしの粉末・・・大さじ1
水・・・400cc
酒・・・大さじ1
生姜(スライス)・・・1かけ
ねぎの青い部分・・・1本分

<1>豚肉全体に粉だしをまんべんなくまぶしておく。
<2>耐熱容器に1と、酒、生姜、ねぎを入れて、水を注ぎ、軽くラップをしてレンジ600ワットで5分程加熱する。肉全体が白っぽくなったら、そのまま、おいて冷まし、蓋をして冷蔵庫で保存する。(肉の大きさ、レンジの機種により、仕上がりに差が出ることもありますので、随時レンジの時間の調整をして下さい)

甘辛チャーシュー丼

 短時間に2品ができる嬉しい時短料理の味方!ゆでだし豚をカットして、あらかじめ火が通っているのでサッと焼き、甘醤油で味付けするだけで簡単チャーシューに!ごはんにのせるだけで豪華丼の出来上がり!

甘辛チャーシュー丼
材料(2人分)

ゆでだし豚(1センチ角切り)・・・適量
【A】砂糖、醤油、みりん・・・各大さじ1
ご飯・・・茶碗2膳分
かいわれ大根・・・適量
白ゴマ・・・適量
長ネギ(白髪葱)・・・1/4本
甘酢漬け生姜(ガリを刻んでおく)・・・適量
ゴマ油・・・大さじ1

<1>熱したフライパンにゴマ油をひき,ゆでだし豚を軽く焼く。
<2>混ぜ合わせたAを(1)に入れ、全体に絡める。
<3>器にごはんを盛り、かいわれ大根、白ゴマ、(2)、白髪葱、刻んだ甘酢漬け生姜を順にのせる。

ポークスープ

 さらに!ゆでだし豚の残りだしに生姜の千切り、塩・胡椒を足して調味し、お好みで野菜を足せば豪華なスープもできちゃいます。

ポークスープ
材料(2人分)

ゆでだし豚のだし・・・300cc
生姜(千切り)・・・小1かけ
塩・・・適量
胡椒・・・適量
大葉(千切り)・・・お好みで
白ごま・・・お好みで

<1>ゆでだし豚のだしを鍋に入れ、生姜の千切りを加えて火にかけ温め、塩、こしょうで調味する。白ごまと大葉の千切りを散らす。

スタイルUPアイテム
写真

 お肉もお魚もつけておいた“だし”は旨味の宝庫!これを使わない手はありません。残りだしで簡単にできるスープは塩、胡椒での調味に始まり、ゆず胡椒や生七味、タバスコ、カレーパウダーなどの辛み調味料やスパイスを用意しておくと味のバリエーションが簡単にできてオススメです。そこに薬味の野菜を散らすだけでグッと味に厚みが出て、手をかけてつくられたかのような複雑な味わいに仕上がります。また、だしに野菜をプラスして、お好みの味に調味して、水溶き片栗粉を混ぜ合わせたあんかけを、焼いたお肉やお魚にかければ、それだけで豪華な一品料理ができ上がります!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る