日曜日は料亭気分

筍の牛肉巻き
筍の牛肉巻き
材料(4人分)

牛肉薄切り・・・200グラム
タケノコ・・・1本
米ぬか・・・1カップ
たかのつめ・・・~3本
ナノハナ・・・1束
粉山椒(こざんしょう)・・・少々
A(だし汁400cc、薄口しょうゆ20cc、みりん20cc)
B(酒40cc、みりん40cc、しょうゆ40cc、砂糖10グラム)
かたくり粉・・・大さじ1
C(だし汁140cc、薄口しょうゆ10cc、みりん10cc)

★1人分278キロカロリー、脂質12.4グラム、塩分1.6グラム

<1>タケノコは先端を切り落とし、皮の部分に切り込みを入れる。鍋にタケノコと多めの水(タケノコがかぶるくらい)、米ぬか、たかのつめを入れ、2時間ほどゆでる。鍋のまま冷ます。
<2>米ぬかを洗い流し、タケノコの切り込みから指を入れ皮をむく。根元のかたい部分の皮は包丁で取り除く。包丁を縦に入れ、四等分する。
<3>鍋にタケノコとAを入れ、中火で10分ほど煮て、冷ます。
<4>牛肉で(3)を巻く。フライパンを熱し、巻き終わりから入れ、全体に焼き色をつける。Bを入れ、転がしながら弱火で焼き、最後に水溶きかたくり粉を入れ、全体に汁をからめる。皿に盛り、粉山椒を振る。
<5>ナノハナは食べやすい大きさに切り、1~2分ほどゆで、Cに20~30分漬けて盛る。

鰆と茄子の南部焼き

<1>丸ナスは横に四等分に切り、サラダ油(分量外)をひいたフライパンで両面を焼く。
<2>ボウルにAを入れ、まぜる。
<3>サワラを(2)に20分漬ける。グリルにアルミホイルを敷いてサワラをのせ、途中、2度ほど(2)をかけながら焼く。
<4>(1)の上に焼き上げたサワラをのせ、上に(2)をかける。

★1人分352キロカロリー、脂質21.8グラム、塩分1.4グラム

鰆と茄子の南部焼き

材料(4人分)

サワラ・・・4切れ
丸ナス・・・1本
A(白ゴマペースト125グラム、みりん45cc、酒45cc、しょうゆ45cc、砂糖25グラム)

 

 牛肉巻きの定番はゴボウ。ご家庭でもニンジンやアスパラなどいろいろな野菜を巻いていると思います。今回は春が旬のタケノコを巻いてみました。牛肉とタケノコは意外によく合うので試してみてください。肉巻きのコツは肉の脂身を内側に巻き込むこと。見た目にも美しいですし、脂身が外側に出ていると、脂っこい味わいが強くなってしまいます。タケノコの大きさにもよりますが、大きい時は一口サイズに切って皿に盛りつけると切り口もきれいです。
 南部焼きはごまの風味を堪能できる一品。魚だけでなく肉にも合い、豚ロース肉などにぴったり。丸ナスは真ん丸の形をしたナス。焼いてしょうゆをかけただけでもおいしいですが、ごまだれとも相性がいい野菜です。