日曜日は料亭気分

葱鮪鍋
葱鮪鍋
材料(4人分)

マグロ・・・150グラム
ネギ・・・1本
焼き豆腐・・・1丁
シイタケ・・・8枚
木の芽・・・適量
A(だし汁650cc、酒50cc、みりん50cc、薄口しょうゆ50cc)

★1人分164キロカロリー、脂質3.7グラム、塩分2.5グラム

<1>マグロは幅2センチに切る。鍋に湯を沸かし、マグロをさっとくぐらせ冷水に取り、ざるに上げる。
<2>ネギは半分に切り、グリルで焼き目を付け、各四等分に切る。
<3>豆腐は食べやすい大きさに切る。シイタケは石づきを取り、30秒ほどゆでておく。
<4>Aを鍋で熱し、具材を全部入れ、5分ほど煮る。木の芽を上にのせる。

帆立のチーズ焼き

<1>エシャロットは焼き網にのせ、コンロの上で焼き目を付ける。Aに30分ほど漬ける。
<2>チーズは1/3量を仕上げ用に取っておく。残りのチーズと包丁で細かくたたいたホタテをまぜ合わせる。
<3>タマネギはみじん切りし、フライパンでいためて(2)に入れる。
<4>(3)に卵と小麦粉、コショウを入れ、よくまぜる。
<5>グラタン皿などの耐熱容器にキッチンペーパーを敷き、(4)を入れ、残しておいたチーズを上に振り、200度のオーブンで15分ほど焼く。冷めたら、包丁で食べやすい大きさに切り、(1)を添える。
★1人分177キロカロリー、脂質7.8グラム、塩分0.9グラム

帆立のチーズ焼き

材料(4人分)

ホタテ・・・150グラム
ピザ用チーズ・・・50グラム
卵・・・2個
小麦粉・・・大さじ1
コショウ・・・小さじ1/2
タマネギ・・・1/2個
エシャロット・・・8個
A(酒50cc、しょうゆ50cc、みりん50cc)

 

 立春は過ぎても、寒さが続き、まだまだ鍋が恋しい時節です。鮪(まぐろ)と葱を使った体が温まる鍋を作ってみました。
 冬場が旬の葱は甘みが増し、脂ののった鮪と相性抜群です。鮪は中トロがおすすめ。鍋の汁のおいしさが増します。鍋の汁にうま味が出て、豆腐にも味がしみ、おいしく食べられます。
 具材はシンプルなのが一番。鍋の定番、白菜を入れると、水分が出すぎて、鮪のうま味が薄まってしまいます。もし、ほかに具材を入れるなら、水菜ぐらいが適当でしょう。
 帆立は少し趣向を凝らし、ピザ風にしてみました。帆立の甘さとチーズの塩加減がほどよく合う一品です。ピザ用チーズの代わりにナチュラルチーズにすると、より香り高くなります。セミハードタイプのエメンタールチーズがお薦めです。味付けに塩を使わなくても、帆立のうま味とチーズの塩味、そして炒めたタマネギの甘みが加わり、絶妙な味わい。チーズを入れすぎると、塩辛くなるので気を付けてください。