オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

月刊「KELLy」編集部が教える、とっておきグルメ情報

じろうや

[焼肉/愛知県名古屋市中区]

「飛騨牛の土鍋ごはん」(4~5人前・2200円)。甘ダレがよく絡み、土釜でじっくり炊き上げることでふっくらと。
「飛騨牛の土鍋ごはん」(4~5人前・2200円)。甘ダレがよく絡み、土釜でじっくり炊き上げることでふっくらと。
地元の市場から旬のものを仕入れる野菜は、発色が良く活き活きしている。
地元の市場から旬のものを仕入れる野菜は、発色が良く活き活きしている。

素材の持ち味をぐっと高めた
アレンジメニューの数々

 飛騨牛を主に、厳選した黒毛和牛を使用するこちら。たとえば、岐阜県高山市にある山武牧場には熟成サーロインのみを指名オーダーし、牧場から直送してもらうなど、おいしさへのこだわりは筋金入りです。肉質の良さだけでなく、注目したいのは素材をより活かす独自のパフォーマンス性。薄切りのロースをサッと炙って溶き玉子と絡める「10秒ロース」や、リブロースを直径約20センチの1枚スライスで味わう、迫力満点の名物「はみだしカルビ」など、アイデアの光る食べ方の提案で楽しませてくれます。5月に登場し、既に人気メニューとして定着している「飛騨牛の土鍋ごはん」はほんのりと甘く、〆の1品にぴったりですよ。(月刊『KELLy』編集部 松下みなみ)
DATA
TEL052-962-6610
住 所名古屋市中区丸の内3-21-21 丸の内東桜ビル
営 業17:00~翌1:00(土曜、祝日は~24:00)
定休日日曜定休
駐車場なし
URLhttp://www.jiro-ya.jp/
予 算夜5500円

※本記事は2013年07月31日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。

ジャンルで探す

エリアで探す

地図で探す

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る